フェラーリ512BB#08インテリア


 
みなさん、おはようございます。

 
マンガ、読んでますか?

 
日本ならではのコンテンツが語られるとき、今では必ずといっていいほど、マンガやアニメーションがあげられます。
それはもう古くから、日本のマンガは凄い。

 
適当な絵をつなげてセリフやストーリーを文字で書いただけではなくて、もうなんというか、その世界に入り込めるような感覚まで持っていく。すごい技術です。

 
私はこう見えてもマンガが大好きなんですね。

最近はマンガを読む時間が取りづらく、近年のマンガはあまり分からないのですが、昔からたくさんのマンガを読みました。

ジャンルはいろいろあるのですが、なかでも本当に好きなマンガといえば、超メジャーですが「銀河鉄道999」、展開に超ドキドキした「エリア88」、バイクマンガの金字塔「バリバリ伝説」「あいつとララバイ」、全巻を通してラストに向かって突き進んでいく「夏子の酒」や、スポーツマンガでいうと「ピンポン」などなど。

そんななか、戦い系のマンガで1番好きだったのは、もちろん「リングにかけろ」ですよね。

 
ボクシングのマンガ「リングにかけろ」には主人公の永遠のライバル、剣崎というキャラが出てきますが、終盤の彼が本当に、いちいちカッコいい。

セリフがもうかっこよすぎて、これは教科書に載せるべきじゃないか、いや、後世に残したい日本語100選に登録すべきじゃないかというのがたくさんある。

リングにかけろは車田正美先生の作品ですが、氏のマンガというと聖闘士星矢がよく取り上げられます。声を大にしていいたい。
車田正美といえば「リングにかけろ」でしょうと。

もういまだに、右のパンチというと「ギャラクティカ・マグナム」ですよね。

 
なんかいいマンガ何かないかな~なんてお探しの方、是非リングにかけろを読破してください。

さて前置きはこれぐらいにして。

 
 
フェラーリ512BBのインテリアを作っていきます。
ちょっと古いやり方ですが、最近あまり見ないので、以下やってみようと思います。


木工用ボンドです。

 
 

水に溶きます。

 
 

室内の任意の場所に筆で塗ります。

 
 

フロッキー粉末です。これはアオシマのもの。
オフロスキーじゃないですよ。(呼んだ?呼んだよね。)
ボヤッキーでもない。(ドロンジョさまー)

 
このフロッキー粉末を、今話題の塩をふるオッサンのように構えて、ファサーっとふりかけます。
写真がないのが残念だなあ。
 

すると、木工用ボンドを塗ったところに定着します。気に入るまで何度か繰り返します。

 
 

こんな感じに出来ました。

 
 

さてシートです。

 
 

ヘッドレストの合せ目は消します。そして、このヘッドレストは普通のクルマと同様、上に伸びるタイプなので、ヘッドレストとシートの間にスジボリを入れて、分割してる感を出しておきます。(あとでスミ入れ)

 
 

さて、革のシート風の塗装を行います。
古い本革のシートなので、結構ツヤを出したほうが雰囲気が出るかなと。(最近の、新車の本革シートはもっとツヤ消しですよね。)

 
 

インテリアに合わせてみます。

 
 

うーん、ちょっとツヤが強すぎる感じなので、やり直し。ドライブラシで少しだけツヤを落とします。

 
 

ツヤ消し白とツヤ消し黒を混ぜてドライブラシ。

 
 

やり直しました。シートはこんな感じでいきます。

 
【この記事の使用キット】


フジミ フェラーリ512BB(Amazon)

 
というところで、記事を読んでいただいて面白いと思ったときだけでいいので、下のバナー2つ(ガンダムとアルピーヌ)をたまに押して応援してください ヘ(゚∀゚ヘ)
(ついでにいいね!も押してね。)

次回をお楽しみに!!


ブログランキング・にほんブログ村へ
  ↑ 1クリック!応援していただければ嬉しいです!
ガンプラ入門ストアOPEN!

 
You may also like...

2 Responses

  1. 120sec より:

    kenjiさん、こんにちは。
    自分もギャラクティッカマグナムとギャラクティッカファントム、あと別漫画ですが、コークスクリューを打っていたクチです。
    フロッキー粉末って初めて知りましたが、フロアーカーペットの表現にすごく良さそうですね!これはあとからポロポロ取れてきたりしませんでしょうか?

  2. kenji@管理者 より:

    120secさん こんにちは。
    スーパーブロー、日常的に打っていって大丈夫です。
    フロッキーに関しては、ガリガリ触ると取れますが、逆さに向けたり振ったりするぐらいでは取れません。
    上からトップコートすれば結構定着します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。