フェラーリ512BB#13ヘッドライト


 
みなさん、おはようございます。

 
ボディの赤をある程度キレイに出来たら、窓枠などのツヤ消しブラックを塗装します。

 
まずはマスキングですが、マスキングテープを窓枠に貼り付け、ペン等でカタチをなぞります。

 
それを一旦はがしてデザインナイフでカットしてから、再度貼り付けていきます。


窓枠上部にあまどいのようなモールドがありますので、少し難しいです。

 
 

ボンネットの手前側は、ペンではなく、つまようじで跡をつけました。
こちらも一度はがしてからカットし、再度貼り付けます。

 
 

こんな感じに、ぴったりと貼り付けます。

 
 

ボディサイド下側も黒く塗りますので、こうなります。ボンネット前側は、コピー用紙を巻いて止めてあります。

 
 

ラッカー(溶剤系アクリル)で窓枠部「ツヤ消し黒 + 白少々」を塗装、サイド下部は黒のツヤ消しか、半ツヤか、ツヤ有りか迷いまして、ツヤ消しに近い半ツヤぐらいの黒で塗装しました。

 
 

すぐにざっと手を洗ってから、マスキングテープをはがします。

手を洗わないと、マスキングテープをはがす際にボディを汚してしまうことがあるからです。(というか昔やったから。)

 
 

まあまあキレイに出来ているようです。毛ホコリがついてますね…。
スミ入れはエナメルのツヤ消し黒を使いますが、それはもっとあとでやります。

 
 
 
さて、ここからヘッドライト周りをやっていきます。……が。


誰だお前は。

 
というぐらい、顔が違いますね。

 
 

実車の512BBは、こんな顔をしています。ライトがひと回り大きい。(ネットから拾ってきた画像です。説明用に引用しました。)

 
 

キットのレンズカバーは使えませんので、モビルスーツなどによく使用するH・アイズを使います。
5mmのが入っているもの。

 
 

取り敢えず、つるつるでは雰囲気が異なってしまいますので、線を入れていくことにします。

 
 

タガネを使用します。細かすぎて実車のようには行かないですが……。

 
 

あまり線を細くたくさん入れすぎると、白く曇ったみたいになってしまうので、適当にデフォルメしてレンズの雰囲気が出るように。

 
 

こんな感じ?ですかね。。。
レンズはお椀状に湾曲しているので難しいです。
 
 

ベースのパーツも、そのままでは大きくしたレンズが入りませんので、深く大きく広げます。

 
 

はめてみると、こんな感じ。実際はタテ線だけではなく、ヨコにも線が入るのですが、ぐちゃぐちゃになってしまいます。(1個やってみたら何がなんだか分からなくなってしまいました。)

ですので、2個並んだ外側のレンズ(ロービーム)だけ、控えめに下部に2本だけヨコ線を引きました。

 
 

左がキットのもの。右が、カスタムしたもの。目の大きさがひとまわり大きくなりました。そしてこの写真は上下逆さま。(上下を間違えました。)

 
 

左右2セット作りました。この向きが正しい向きです。

 
 

仮にはめてみて、顔のチェック。だいぶイメージに近くなったような気がします。少なくとも自分は満足。

 
 

ちなみにライトを閉じた状態です。…これ組み付けてからどうやって開閉するのかな…?(ノープラン)

 

【この記事の使用キット】


フジミ フェラーリ512BB(Amazon)

というところで、記事を読んでいただいて面白いと思ったときだけでいいので、下のバナー2つ(ガンダムとアルピーヌ)をたまに押して応援してください ヘ(゚∀゚ヘ)
(ついでにいいね!も押してね。)

次回をお楽しみに!!


ブログランキング・にほんブログ村へ
  ↑ 1クリック!応援していただければ嬉しいです!
ガンプラ入門ストアOPEN!
You may also like...
 

2 Responses

  1. とし より:

    スーパーカーライト((笑))は開けたままで良いのではないでしょうか。

  2. kenji@管理者 より:

    としさん スーパーカーライトは、組んだあと思い切って閉じてみました。開けるときはちょっと気を使いますが、奥側を爪で押せば手前が持ち上がり、開けられました\(^o^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。