タミヤ1/6 ハーレーダビッドソンFat Boy Lo#11フロントフォーク


 
みなさん、こんばんは。

 
タイヤ館 ってご存知ですか?

 
テレビでCMもやってるので知っている方が多いと思いますが、大きめの国道沿いなどにある、タイヤやさんです。

 
おっと、待てよ。

 
 
実はタイヤ館に入ったことはないんですよね。だって、タイヤしか売ってないということは、タイヤ交換するとき(パンクか、寿命か、冬用か)しか行くタイミングがないし、仮に行って、大きなタイヤを売りつけられると困るわけです。

 
なので、今、自然に「タイヤやさん」 と言いましたが、もしかすると、タイヤ以外にも、オートバックスみたいにカー用品も売っているのだろうか?

そういうこと、よくあります。

代表的なところでいうと、みんなだいすき「ヨドバシカメラ」。
カメラしか売ってないと思いきや、なんでも売っているわけです。

 
 
うかうかしていられない。

あのカー用品店のイエローハットも、テレビCMで「タイヤ選ぶならイエローハット!」「タイヤバリバリバリエーション!」って言っちゃってる。これ完全に、タイヤ館の領域に足を踏み入れてる。またぐなよ。

 
ということは逆もまたしかり。

 
 
というわけでちょっと気になってしまったので、オフィシャルサイトで調べてみました。

 
結果、…… えー、オイル、バッテリー、エアコンフィルター、ワイパーブレード、ぐらいしか売っていない模様です。

というか、ブリジストンのお店なのね。まだまだ世の中には知らないことがたくさんありますね。

 
 
…さて、なぜ前置きがタイヤ館だったかというと、最初の写真がタイヤだったからです。

  
説明書の手順ではリアタイヤと同時ではなく、あとで出て来るフロントタイヤです。
リアタイヤを作る時に同時にやっておくのが良いかと思います。


リアタイヤと同様ですが、スポンジが付属しているのでそれをタイヤの中に丸くいれます。

 
 

こんな感じに。

 
 

タイヤのセンターにパーティングラインがあります。ペーパーがけして消しますが、ゴムなのでなかなか消えなくて面倒です。1/12の比じゃない…。
(スポンジを入れる前にやりましょう)

 
 

リューターをお持ちの方は、この写真のようなビットがあると便利です。これは軸に紙ヤスリが巻き付けてあるようなもので、紙ヤスリの目が詰まったら剥がして使います。
比較的低速でやります。あっというまに処理出来ます。新車から少し走った程度の感じにしておきました。

ちなみにリューターがなくても、ゴムの裏から指を手を入れて、へこまないようにしてペーパーがけすれば時間はかかりますがうまく出来ると思います。

 
 

タイヤはサイドウォールまで凄く精密に出来ています。リアル……。

 
 

以前塗装したホイールをはめて、ブレーキディスクをビス留めで取り付けます。
フロントタイヤもデカい。

 
 

さてフロントフォーク周りのパーツを並べてみました。
右下のほうは金属パーツです。スプリング2種類を使う。

 
 

この精密感。

 
 

ズームで見ると、ヘアラインみたいな感じで処理されているパーツ。(上の並べてある写真に入れるのを忘れていますね)

 
 

しかし残念なことに、ボトムケースにはパーティングライン、ゲートが目立つ位置にあります。ここだけメッキを落として表面処理をし、塗装します。

 
 

メッキを落としてゲートとパーティングラインをキレイにし、塗装しました。映り込みのあるクロームメッキのような感じではなく、拡散反射高めな感じにしました。

 
 

金属パーツを組立てます。

 
 

塗装の終わったボトムケースに組み付け、金属パーツとレンチを使って留めます。実車っぽい!

 
 

ボディに取り付けてみました。もちろん、フォークはいい感じに可動します。

 
 

フロントタイヤを取り付け、ブレーキキャリパーをボルトで留めます。また実車っぽい!

 
 

カッチョイイです。

 
 

フロントタイヤが付きましたので、全体像です。

 
 

 

【この記事の使用キット】

ハーレーダビットソン Fat Boy Lo プラモデル(Amazon)

というところで、記事を読んでいただいて面白いと思ったときだけでいいので、下のバナー2つ(ガンダムとアルピーヌ)をたまに押して応援してください ヘ(゚∀゚ヘ)
(ついでにいいね!も押してね。)

次回をお楽しみに!!


ブログランキング・にほんブログ村へ
  ↑ 1クリック!応援していただければ嬉しいです!
ガンプラ入門ストアOPEN!
You may also like...
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。