HGUC 1/144 PMX-001 パラス・アテネ


BANDAI 1/144(HGUC) PMX-001 パラス・アテネ
プラモデル
 
制作日記はこちらから
 
クリックすると大きく表示されます。
その後、画像の右半分をクリックすると「次の写真に進む」、左半分をクリックで「前の写真に戻る」です。

 
1/144 パラス・アテネ
パラス・アテネ、フル装備状態です。
 
パラス・アテネ
間延びしたところを無くそうと、全身にスジ彫りを追加しました。
ポイントで使用しているデカールはMDプリンタによる自作です。
脚はスネとモモとヒールのところでかなり延長しています。
 
hikaku01
改造前の状態
 
 

パラス・アテネ
シールドにもスジ彫りを追加。ミサイルは金属のパーツを使用しています。
 
パラス・アテネ 背中
今回、自作デカールを作った大きな理由のファイヤーパターンは、ふくらはぎに入っています。
放熱板にもスジ彫りなどのディテールを追加しています。
 
パラス・アテネ
ボディは、横腹はプラ板とポリパテで作成、胸のブロックは薄いプラ板を使ったパネルラインやスジ彫り、ディテール追加で整えてあります。
腰のスカートのようなアーマーは、丸みを帯びるようにポリパテで大幅に作り変えています。
 
 
palace-athene-comp-d03
 
パラス・アテネ サーベル
 
パラス・アテネ
 
パラス・アテネ 2連装ビームガン
2連装ビームガンは、サイドに付く放熱板が厚ぼったいのと意匠が好みでなかったので、プラ板を使って作り直しました。バーニアは金属のパーツを使用しています。
 
パラス・アテネ シールド
シールドのセンターに、見にくいですがオリジナルデザインのマークをデカールで(「P」をもじったもの)。また、動力パイプは、太いものはHIQさんのパーツを、細い銀色のは手芸品店で見つけた「カラーゴム」。
 
パラス・アテネ細部
肩の張り出した部分の内側は空っぽだったので、適当なパーツをこしらえました。
 
 
最後までご覧いただきありがとうございました!
 

>> その他の作業の全容、制作日記はこちらから
 
 
「図解!なんでも制作日記」のFacebookページはこちら!一足先の情報が公開されます。
 
 
 ↓ こちらをクリックいただくと励みになります。よろしくお願いします。


ブログランキング・にほんブログ村へ
  ↑ 1クリック!応援していただければ嬉しいです!


 
You may also like...

4 Responses

  1. Kiy より:

    これで1/144ですかぁ。
    画像だけで観ると、もっと大きいスケールといってもわかんないんじゃ・・・。

  2. kenji@管理者 より:

    Kiyさん、ありがとうございます!
    いやいや、やはり1/144なりの出来映えかと…。汗
    次頑張ります。

  3. gam より:

    手の入れ方が尋常じゃないですね 笑
    自分は素組みしか作らないから、制作途中の工程かなり楽しめました!

  4. kenji@管理者 より:

    gamさん メッセージありがとうございます!
    楽しんでいただけて良かったです。是非ご自分でもチャレンジしてみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。