エポキシ系接着剤


エポキシ系接着剤
2液混合タイプの接着剤です。
硬化時間にはいろいろな種類があり、A液とB液を混ぜ合わせて化学変化で硬化が始まります。5分で硬化するスピード接着タイプが使いやすいと思います。
(ただし、接着の強度はより長い時間をかけて硬化するもののほうが強いです。強度を出したいところは、長時間タイプを選んだほうがいいです。)
プラ用の接着剤のように、素材を溶かして接着するのではないので、プラスチック以外の素材にも強くくっつきます。
 
適当なものにA液を5mmほど出し、すぐ隣にB液を同じ5mmほど出します。そして、(大抵付属している)ヘラでぐるぐる混ぜ合わせます。(使う量 に応じて5mmを1cmなどに変えて行なってください。ただ、プラモデルではそんなに大量 に使うことはあまりないでしょう。)
少しだけしか使わないからといって、1mmほどにしてしまうとうまく硬化しませんので気持ち多めに混ぜたほうが良さそうです。
 
そして、混ぜ合わせるときにもっとも注意しなければならないことは、エポキシ系接着剤(B液)はものすごく臭いことです。
 
このエポキシ系接着剤の使い道は、ガレージキットなどの「プラスチック用接着剤で付かないもの(スチロール樹脂以外の素材)」を付けるとき、透明部品の接着、などです。
(透明パーツは、プラ用の接着剤を使うと跡が目立ってしまったり、瞬間接着剤だと白化してしまったりするため。)


ブログランキング・にほんブログ村へ
  ↑ 1クリック!応援していただければ嬉しいです!


 
You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。