ポリエステルパテ (ポリパテ)


 
ポリパテ・モリモリ
 

ポリエステルパテ (ポリパテ)(販売価格:約500円~)…写真は「パテ革命 モリモリ40」

 
主剤と硬化剤を混ぜて硬化させるパテです。写真の「モリモリ」やカーショップなどに売っている車補修用の「厚づけパテ」などはこのタイプです。
硬化剤を主剤に混ぜはじめると、いきなり硬化が始まります(熱を帯びてきます)のでエポキシパテのような余裕はありません。 一気に、しっかりと混ぜ、ちゃっちゃと盛り付けて大体の形に整形し、硬化後に削り出します。
 
タミヤパテ(ラッカーパテ)と比較すると、ヒケがほとんどないため、合わせ目の段差がキツイ場合などは、こちらのポリパテで埋めたほうが速いです。

 
 
缶入りのものをだらだらとアイスの棒で混ぜていて、そのままアイスの棒が抜けなくなった人を知っています。作業は手際よくやりましょう。
そしてにおいは結構キツイ(というか臭い)です。 いろいろな種類があり、削り心地など結構個性にばらつきがあるようですが、上写真の「モリモリ」は切削しやすいのでよく使っています。

 
★ポリパテを使用した制作例
νガンダムの頭部改造

 


ブログランキング・にほんブログ村へ
  ↑ 1クリック!応援していただければ嬉しいです!


 
You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。