アルピーヌA110を制作する #02

細かいパーツをごそごそとやっているあいだに、ボディにサーフェーサーを吹くことにします。いきなりですが、メタリック・ブルーの成型色なので、表面がよく分からんのです。
 
塗装をする際、ボディを持つための持ち手を付けます。トイレットペーパーの芯をとっておけば便利です。
body01.jpg
こんなふうに上をつぶす
 
両面テープを貼って、ボディに固定します。
alpine A110 BODY
 
リアハッチと、ダクトのところのカバーなど、同じ塗装をする部分は仮にテープで付けて置きます。
body03.jpg
 
surfacer1000.jpg今回は缶スプレーでサクサクッとサフ吹きをします。使ったサーフェーサーは、写真の「Mr.サーフェイサー1000 〔徳用〕」です(MR.HOBBY)。どこのプラモやさんにも大抵置いてあります。
表面の状態をシャキッと見ることが大きな目的のひとつなので、当然グレータイプです。
 
塗装前に、缶をしっっっかりと振っておきます。数えて1分くらい。缶の中の攪拌球(かくはんきゅう)が抵抗なくカラカラ鳴ってから15秒くらい。
 
 
↓動画です

 

↓クリックで大きくなります

body04_s.jpg
 
 
ボディ側面の、上部にあるドアのスジ彫りですが、抜き型の関係で写真のようになってます。型を水平にスライドさせて抜いてあるので、これは仕方がないんですよね…。今回はあまり手をいれないので…
body05.jpg
 
がしかし!
body06.jpg
 
あぁ~
body07.jpg
と、どうせ屋根が割れてるのを直さなくてはいけないので、ついでにパテ盛りしちゃいました。
 
屋根、結構バッキリといってたんですよ
body08.jpg
 
リアダクトのところは、左写真のパーツを入れてから、右写真のカバーをはめるようになってます。
body09.jpg
 
合わせてみると、…これひどいなぁ。矢印部分がヨレヨレで合いません。
body10.jpg
金型がへたってきてるのかな??
 
この部分(Cピラー)に、目立つパーティングラインがありますので忘れずに消しましょう。
body11.jpg
 
窓枠のスジ彫りがダルな感じなので彫ります。
body12.jpgどりゃ
 
body17.jpg
body13.jpg
んんん~ なんだかあやしいぞ
 
しかしなんと美しいフォルム。
body14_s.jpg
クリックすると大きくなります
 
今日はここまで~ 続き#03はこちら!
 
 

ブログランキング・にほんブログ村へ
  ↑ 1クリック!応援していただければ嬉しいです!
ガンプラ入門ストアOPEN!
あなたにオススメの記事...

5件のフィードバック

  1. masa より:

    今回は更新が早いですね
    サクサクでしたっけ?楽しみにしています

    98年インプがお好きとの事、同感です
    あのころの日本車の活躍が大好きでした
    個人的にスタイルではカローラWRCも好きですね
    そんでもって乗ってた車はエボⅤって感じです^^

    サフ吹きの動画拝見しました、思ったより早く動かされるのですね
    参考になります

    超個人的要望なんですが、いつか細吹き(シャドウや汚し系)の動画UPしていただければ・・・なんて思ってます 

    冒頭に書かれている<ひとりでも多くの方のプラモデルが完成しますように。>ってコメントがとても好きです

  2. 山一 より:

    祝,カーモデル制作!
    私はkenjiさんの上品な仕上げが大好きで,長い間この日を待ち望んできていました。
    しかも今回1/24カーモデルというのは,サイト上初のことですよね?
    半年に1台ペースの私ですが,kenjiさんが「サクサクッと」制作されるのを楽しみに拝見させていただきます。

  3. kenji@管理者 より:

    >masaさん
    エボVですか。スピードの出しすぎには注意してくださいね。
    動画は結構大変なので、少しづつ増やしていきます。
     
    >山一さん
    そういわれるとそうですね。でもあまり期待しないでください。
    時間がないので、急いでつくらにゃならんのです。

  4. MP より:

    はじめて他人のサフ吹きを見ました
    シュッ、シュッ、シュッ、シュッってするんですね

  5. kenji@管理者 より:

    >MPさん
    確かに人のサフ吹きとか見ないですよね。あんなふうにやるとタレる心配が少なく出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください