シートベルト制作 フジミ 1/24 フェラーリ365GTB/4 デイトナ #18

 
みなさんこんにちは(^-^*)/

 
フェラーリ・デイトナの制作ももう第18回。
次回で完成編となる予定です。
今回は最後の追い込み、インテリアにつけ忘れていたシートベルトと、ドアの制作をやっていきます。

 

ドアの内張りと、限りなく透明に近い窓ガラス


ドアの内張りはキットのバスタブ状の側面を切り取ったものです。サイズをあわせるために、実物よりもちょっとおかしなところもありますが、印象はいい感じに再現されているのではないでしょうか。多分。…… 多分・絶対。

右側にホイールに使う部品が出番待ちしています。光が当たると、メッキ塗装がキレイに輝きますね。

 
 

ドア内張りを、ドアのボディ(?)に取り付けます。取り付けはエポパテで足を付けてあるので(過去記事参照)、位置合わせもカンタンにバッチリはまるのですが、内張りとドアの間に挟むように「液晶保護フィルム」を使用した窓ガラスを嵌め込みます。

そうすると、窓ガラスの根元側はとても実車に近い感じになります。下から窓が出てくるような感じ。ピラーのあたりは、こだわればもっとこだわれそうなポイントですが、大変になりそうなのでこんな感じでストップです。

 
液晶保護フィルムはメーターパネルにいつも使用している、このサイトではよく登場する材料なのですが、窓ガラスに使うのは初めてです。
一目瞭然、薄い!ので、ガラスごしに向こうを見ても、まったく歪みのない透過感になりました。
さらに今回のデイトナは側面の窓ガラスの形状が複雑な三次曲面ではなく、二次曲面でそこそこカバー出来たため、カーブの合わせがカンタンに出来ました。

 
ちなみに、512BBのときは窓ガラスに色を少し付けましたが、デイトナの実車の写真を色々みていると、無色透明のガラスが多いんですね。
ですので今回は色をつけずに、クリアーなままです。


ドア部分の完成です。
ひとつ前の内張りの写真で、ドアロックが再現してあるのが分かると思いますが、穴あけて黒く塗った虫ピンを刺しただけなのでカンタンに出来ます。
このロック、懐かしいですよね。子どもの頃、家の車に乗ったときのことなどを思い出してしまいました。

 
 

外側からもちゃんとロックが見えるのです。これだけでだいぶ雰囲気出ました。自己満足。

 
 

さあ、インテリアも大詰めに来ましたので、ディスプレイケースを準備しました。
タミヤのディスプレイケースCです。1/24のカーモデルにはピッタリです。カバーの透明度も文句なしの逸品。

ベースにシャシーを置いて、注意深く位置を合わせ、ピンバイスで穴を開けます。写真のようにねじが通るように。

 
 

シャシー側はこの位置にナットを固定してあります。シートの後ろで見えにくいところ。
この位置決めの難しかったポイントは、シャシーの底面がマフラーやらフレームやらとても賑やかで、ネジとそれをカバーする透明パイプが通る場所があまり無かったところです。なんとかすき間を探してこの場所に落ち着来ました。

 
 

シートベルトはリボンで


さて、少し前にも インテリア完成~ などと書いていまして、調子に乗っていましたが、シートベルト付けていませんでしたよね。
このキットにはシートベルトの金具もキチンと用意されています。
デイトナはベルトの仕様も色々あるようで、なんだこのベルト!どうやってはめるのだ?? とかなり悩みましたが、難しいことは気にしない、説明書の通りに作ることに。(一応、実車の写真にも同じ仕様のものを見つけました。シートの横に大きな金具が付くタイプ)

 
 

ベルトはコレです。リボンですよ。細いリボン。2mm。512BBのときにも使いましたね。

 
 

このリボンのいいところは、両サイドにステッチが入っていてそれが雰囲気を醸し出すところ。
キットの金具パーツに、あつらえたかのようにぴったりはまりました。

 
 

取り付けました。
注意するべきところは、ベルトが重力で自然にだらんとするところだと思っているのですが、スケールと重さの関係により、素材の反発力があってそうカンタンにはいきません。
そこで、形状を記憶させたいところのベルトの裏に、アルミのキッチンテープを細く切って貼り付けまして、型をつけるとそのままのカタチで保持されます。

 
 


これで本当にインテリアは終わりです。

 
いよいよ! 次は完成篇となります。お楽しみに!!!

そうそう、今もし1分ほどお時間ありましたら、↓ Youtubeチャンネル登録お願いします(^o^)

【この記事の使用キット】

フェラーリ365GTB4デイトナ プラモデル(Amazon)

というところで、記事を読んでいただいて面白いと思ったときだけでいいので、下のバナー2つ(ガンダムとアルピーヌ)をたまに押して応援してください ヘ(゚∀゚ヘ)
(ついでにいいね!も押してね。)

次回をお楽しみに!!

ブログランキング・にほんブログ村へ
  ↑ 1クリック!応援していただければ嬉しいです!
ガンプラ入門ストアOPEN!
あなたにオススメの記事...

4件のフィードバック

  1. 中西 より:

    kenji様 いつもいつも丁寧な製作記 ありがとうございます。
    出戻りモデラーには大変参考になります。
    ドアのロックピンのくだりは、とてもとても共感できます。私は50ウン歳なので
    昭和車のお約束みたいな記憶があります。
    あとシートベルトの反り返り これも解決できずにいましたよ。(笑)
    いい方法ありがとうございます、早速真似してみます。
    ポチること、メールすることが僅かですがkenji 様のモチベーションアップに
    なればと思います。  中西
    中西

  2. kenji@管理者 より:

    中西さん ありがとうございます(^^)
    ベルトはアルミテープで曲線を制御し、バックルを木工用ボンドなどでシートに押し付け固定しますと良いかと思います。

  3. トミーガン より:

    虫ピンドアロックと液晶保護フィルムウインドウの会わせ技で、外から見たドアの辺りが実車さながらになってます。感服しました。
    次作る時は昇降式にして下さい(笑)

  4. kenji@管理者 より:

    トミーガンさん ありがとうございます。昇降式、したいですねw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください