トランクの切り抜き タミヤ1/24 日産 スカイラインGT-R #05

 
#stayhome

みなさんこんにちは(^-^*)/
お変わりありませんか?

 
ついに緊急事態宣言が解除されまして、小学校も始まりました。
まだ週2~3回で時間も短くすぐに家に帰ってきますが、それでも大きな前進。

少しずつ元の生活に戻れればいいですね。
でも多分、これからはテレワークなど、オンラインを活用した新しい生活スタイルにチェンジされていくのでしょう。

子供は吸収が早く、パソコンやプログラム等の知識・技術は、遊びながら苦もなく手に入れていきます。
私が若い頃から「パソコン技術を制するものは世界を制す」と言われて来まして、
時代を追うごとにそれがリアルに濃くなりつつありますね。

 
さてさてスカイラインGT-R(KPGC10)の続きです。

 

ルーバーの穴あけ


フロントグラスの少し前に、ルーバーがたくさんあります。
これは写真のように当然ですが、開口されていません。
きちんとスミ入れをするだけで、リアルな仕上がりにはなると思いますが、なんとなく使命感に駆られて、開口します。

 
 

オモテ側からはタガネの0.2mm、ウラ側はやすりで肉厚を薄くします。

 
 

あきました。
細く切った紙やすりを通して、穴の内部にあるバリ?などをなるべくキレイにしておくと良い。

 
 

ズームアップ。

 
 

さて、ボディの成型色がシルバーで、ムラムラなので細かい部分のカタチがよく分からないため、サフを吹きました。

 
 

フロントのヨコが、なぜかは分からないですが左だけボコボコしていましたのでポリパテで埋めます。

 
 

トランクの切り抜き


せっかくなので、トランクを切り抜いて開閉可能にします。
中身を作らないといけない等、なにも考えていません。ハコスカGT-Rのトランク内には、大きな大きなガソリンタンクがどてーーっと横たわっているのですが、それぐらいは作ったほうがいいだろうか。

トランクの線に沿って、エッチングソーで切り抜きます。タミヤの0.1mmのやつをメインに使います。

 
 

このタミヤの0.1mmエッチングソーはペラペラなので、ヘンに力が入るとグネっと足首みたいにヨコに曲がるので注意しながらやります。

 
 

分離完了!
左スミにちょっと残っているところは、フューエルリッドです。
もちろん、あとで切り取ります。

 
 

ボディの各所にあるバリは、一応ざっと取ってあるのです。面のカドは、あえて立てています(ルーフラインとか)。塗装でどうせ少し丸くなりますし、丸めるのは簡単に出来ますので。

 
 

左前のヨコ。パテの跡を見るとヒケていたところが分かります。

 
最後に、トランクを切り抜く動画です。ただ延々と切り抜いているだけ。
(トランクを切り抜くのは6分過ぎぐらいから。)

(チャンネル登録お願いします)

 

【この記事の使用キット】
タミヤ 1/24 スポーツカーシリーズ No.335 ニッサン スカイライン 2000GT-R ストリートカスタム プラモデル 24335

というところで、記事を読んでいただいて面白いと思ったときだけでいいので、下のバナー2つ(ガンダムとアルピーヌ)をたまに押して応援してください ヘ(゚∀゚ヘ)
(ついでにいいね!も押してね。)

次回をお楽しみに!!

ブログランキング・にほんブログ村へ
  ↑ 1クリック!応援していただければ嬉しいです!
ガンプラ入門ストアOPEN!
あなたにオススメの記事...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください