ボディ塗装 研ぎ出し タミヤ1/24 日産 スカイラインGT-R #17

 
みなさんこんにちは(^-^*)/
 
あっという間に9月に入り、暑かった夏も一段階……でもなく暑いですね。
週末に超大型の台風が来る予報がありますので、みなさんもお気をつけください。

 
ハコスカGT-R(KPGC10)の続きです。今回は「 ボディ塗装 研ぎ出し 」編です。

 

シルバーを塗装

tamiya skyline GT-R body
まずシルバーを全体にエアブラシで塗装しました。
このシルバーは、クレオスの8番シルバーを基本に、ほんの少し、色ノ源シアンと色ノ源イエローを混ぜた色です。

 
 
tamiya skyline GT-R body
後ろから。

 
 

アゴにはスポイラーをつけていますが、こちらカタチを少し修正しています。
内側に向かって少し絞り込むように削りました。このおかげで、写真のような角度から見た場合に、奥側がより垂直に落ちるようなラインを描きます。

 
 
tamiya skyline GT-R body side
横から見た角度もほんの少しだけ落ちているのですが、ほぼそのままに見えるかもしれません。

 
 
tamiya skyline GT-R body side
ドアやボンネット、トランクリッドなどの同じ色のパーツを取り付けて、再度シルバーを吹きました。
これで色を揃えます。

 
 
ハコスカGT-R塗装
乾燥してからクリアーを吹きました。クレオスのスーパークリアUVカットです。

 
 
ハコスカGT-R塗装


指差ししている所、右のワイパーが入る穴なのですが、位置が少し違ったため移動しています。穴の横の小さな穴は、実車ではパーツを止めるためのビスの穴です。

 
 


ウイングは別で塗装してあとで取り付けます。

 
 
研ぎ出し
ペーパー等で削る。(中研ぎ)

 
 

全体にペーパーをかけたあと、ロックペイントのウレタンクリアーを吹きました。
このあたり、自分でもやり方がマチマチで統一していませんが、ポルシェに続き自分の中ではウレタンクリアーの可能性をテスト中です。

 
 

ウレタンクリアーは、ドア、ボンネットやトランクリッドなどは外して塗装します。

 
 

研ぎ出し


硬化したら研ぎ出し。
耐水ペーパーや神ヤスの2000番ぐらいで削り始め、4000、6000(4000と6000のあいだが全然違うので飛ばさない)、ラプロスなどを使い徐々につるつるにしていきます。
コンパウンドはタミヤのファインから。ソフト99の液体コンパウンド、最後にハセガワのセラミックコンパウンド。

 
 

ウレタンクリアーは硬いので大変。

 
 

これはいつもの道具。ツヤ出し坊主のてるてる君です。

てるてる君とは、テッシュペーパーを固く畳んで布で包み、輪ゴムで留めたもの。

 
 

てるてる君の活躍で、だんだんとキレイになってきました。

 
 

シルバーなどの明るい色は、映り込みなどがわかりにくいのでそんなに神経質に磨かなくてもいいのではないかと思います。

 
 

磨き終わってから、トランクのヒンジを接着しました。

 
 

フューエルリッドの鍵穴はアルミ棒。

 
 

ボンネットとドアは、仮に留めています。

 
 
今回のボディ塗装、研ぎ出しの模様を動画で見られます。

よかったらチャンネル登録してね。

【この記事の使用キット】
タミヤ 1/24 スポーツカーシリーズ No.335 ニッサン スカイライン 2000GT-R ストリートカスタム プラモデル 24335

というところで、記事を読んでいただいて面白いと思ったときだけでいいので、下のバナー2つ(ガンダムとアルピーヌ)をたまに押して応援してください ヘ(゚∀゚ヘ)
(ついでにいいね!も押してね。)

次回をお楽しみに!!

ブログランキング・にほんブログ村へ
  ↑ 1クリック!応援していただければ嬉しいです!
ガンプラ入門ストアOPEN!
あなたにオススメの記事...

1件の返信

  1. pinoki より:

    めちゃくちゃ綺麗ですね!!
    最も難しいと言われるシルバー…下地処理が命と言われるシルバー…
    これまで箱車でシルバーの物を作ったことありますが、どうしても粒が立ってしまうので今後もシルバーのモデルは作らないことにしています(照。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください