エンジンの仮組み タミヤ1/12 カワサキ Ninja H2R #02

  • 94
  •  
  •  
  •  
  •  
    94
    Shares

 
みなさんこんにちは(^-^*)/

 
Ninja H2Rです。エンジンを組み立ててみますかね。

 

Kawasaki Ninja H2R


エンジンブロックの基本パーツです。

 
 

ぴっっっっったり。

 
 

指差ししているパーツはスロットルケーブルが繋がるところですが、奥の方の違うところにケーブルを差し込んでつなげるようになっています。
ここは見える部分なので作り直そうと思います。

 
 

これは仮にはめているだけなんですが、するりとパーツが組み合って、振っても外れない感じ。とんでもない精度です。

 
 

アンモナイトのようなスーパーチャージャー(このバイクにはスーパーチャージャーが付いているのです)。
そして、エアチャンバーを上に取り付けると、ピッタリと位置が合います。感動。

 
 

フレームのパーティングラインを消していきます。
円柱系のパーツにとても便利なFlex-I-File。

 
 

仮にエンジンをフレームに載せてみました。なるほど、うまく出来てるなーー。

 
 

 
 

フロントカウル


フロントカウルは一発抜きのパーツです。パーティングラインが目立たないですがよく見るとありますので消します。
そして、スクリーンを留めるピンのディテールが流れているので削り落とします。

 
 

削り落として、あとで市販のパーツに置き換えます。

 
 

キレイになってきました。

 

動画ではカウルの処理などをやっています。パーティングラインの位置も分かりますので是非ご覧ください。

次回をお楽しみに~!

 

【この記事の使用キット】
タミヤ 1/12 オートバイシリーズ No.131 カワサキ Ninja H2R プラモデル 14131

というところで、記事を読んでいただいて面白いと思ったときだけでいいので、下のバナー2つ(ガンダムとアルピーヌ)をたまに押して応援してください ヘ(゚∀゚ヘ)
(ついでにいいね!も押してね。)

次回をお楽しみに!!


  • 94
  •  
  •  
  •  
  •  
    94
    Shares
ブログランキング・にほんブログ村へ
  ↑ 1クリック!応援していただければ嬉しいです!
ガンプラ入門ストアOPEN!
あなたにオススメの記事...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください