エンジン タミヤ 1/24 ロータスヨーロッパスペシャル #09


  • 138
  •  
  •  
  •  
  •  
    138
    Shares

みなさんこんにちは(^-^*)/

 
ロータスヨーロッパスペシャルの続きをやっていきます。

 

エンジン の塗装


シリンダーヘッドカバーはまずシルバーに塗装してから……。

 
 

今回はエナメルの黒をエアブラシで塗装しました。

 
 

黒が乾いてからエナメルシンナーで部分的に黒を落としていきます。
LOTUSのロゴとBIG VALVEの文字、上部のスリット模様のところです。

 
 

今回は結晶塗装のような表現をしてみようと思い、あらめのフラットベースを濃いめで吹付け、その後墨入れをしたりちょっといろいろとやってみました。雰囲気は出たように思います。

 
 

エンジンブロックはグレーの部分があります。グレーには少しだけ青味を入れました。

 
 

オイルパンは上の写真のあと黒く塗装しました。

 
 

キャブレターはウェーバーが付属しています。
燃料のパイプだけ追加することにしました。
スカイラインGT-Rのようにリンケージは動かさないのかって?
これはワイヤーで引っ張る方式なので違うのです。とはいえアクセルワイヤーの再現も特にやりませんが。
毎回大変な工作をするわけではありません(汗)

 
 

ファンネルが付属しているので付けます。これはありがたいですね。

 
 

ショックの塗装です。
ラッカーで赤を塗装してから、エナメルの黒を塗っています。
エンジンのシリンダーヘッドカバーと同じような感じです。

 
 

エナメルシンナーでスプリングのところだけ黒をはがします。
この作業は水性アクリルで普段は行なっているのですが、今回はエナメルでやりました。
どちらでもいいのですが、水性アクリルのほうが良いかな……。

 
 

フレームにエンジンを載せました。

 
 

シンプルでいいですねえ。

 
 

プラグコードだけ追加。

 
 

マフラーの塗装は黒や銀ではなく、耐熱の白みたいな感じにしました。

 
 
シリンダーヘッドカバーの塗装の動画はこちら↓

 
エンジン周りの組み立ての動画などはこちら↓

 

【この記事の使用キット】
タミヤ 1/24 スポーツカーシリーズ No.358 ロータス ヨーロッパスペシャル プラモデル 24358

というところで、記事を読んでいただいて面白いと思ったときだけでいいので、下のバナー2つ(ガンダムとアルピーヌ)をたまに押して応援してください ヘ(゚∀゚ヘ)
(各SNSをやっている方は是非応援よろしくお願いします。)

次回をお楽しみに!!


  • 138
  •  
  •  
  •  
  •  
    138
    Shares
ブログランキング・にほんブログ村へ
  ↑ 1クリック!応援していただければ嬉しいです!
ガンプラ入門ストアOPEN!
あなたにオススメの記事...

1件の返信

  1. かいり より:

    スェード調スプレーを吹いた後ツヤ有り黒を吹き付けると簡単に結晶塗装が再現出来ますよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください