1/6 AHM CB750F (1982) F.Spencer#01


 
みなさん、こんにちは。

 
前回、ハーレー・ダビッドソンは私のパートが終わりましたので今回から新シリーズがスタートします。
ちなみに、ハーレーのその後は小川徹宗(Tessyu Ogawa)さんのところでこんな感じに続いていますのでこちらもご覧ください。

 
今回スタートする題材は1982年、AMAのスーパーバイクシリーズ開幕戦のデイトナを1-2-3フィニッシュで飾ったAHM(アメリカンホンダ)のCB750F。
表彰台を独占した3台のうち、優勝したフレディ・スペンサーのゼッケン19。
このスペシャルマシンを、1/6サイズのタミヤのCB750Fキットを使用して、作っていきたいと思います。

 

この写真は、もてぎのホンダ・コレクションホールに展示してある車両を撮影したものです。
カッチョイイ。。。
自分の記憶だと、もっとマフラーが、ぶっとい と思ってました。

 
 
思えば遥か昔。

 

CB750Fに乗っていたあの頃。(写真古くさ……(-.-;))

スペンサー仕様ではなく、郡ちゃん仕様ですが。
このモリワキのマフラーは本当に、本当に、コーンというイイ音がなりました。
ショックだのなんだのを変えるお金は無かったので細かい所以外はほぼノーマルですが、自分でコツコツと部品を取り付けて、車検も自分で受けに行って、楽しいバイクライフを送っていた思い出のバイクです。カッコよくて大好きなバイクです。

 
というわけで、CB750Fと、それをライディングしたスペンサーは私にとって特別なのです。

 
 

制作に入る前に、資料をいろいろと準備します。当時に買って今でも大事に持っていた、雑誌「ビッグバイク・クルージン」のVol.22(平成6年11月発刊)と、もっとも参考になる資料が「RACERS」のVol.33です。
細かくこのCB750Fの写真が掲載されています。ビッグバイク・クルージンと同じ写真も載っているのですが、細かい注釈付きで、個人的に不明だった点が明らかにされていたり……。

 
 
さて真横に近い写真もありますが、こういった写真をそのままコピーして図面のようにして寸法を取ると、実際とはかなりの誤差があります。

カメラで撮影した写真はパースが付きます。カメラをかなり後ろに引いて凄い望遠レンズで撮った写真ほどパースが無くなり、寸法の信頼性が出ます。
ですがスタジオで撮影する場合、それほど引けませんのでどうしても歪みが出ます。


例えば写真のフォークの部分に注目すると、手前のパイプと奥のパイプでズレがこれだけあります。


同様に、後方のフレームのところを見ると、こんなに手前と奥でずれています。
つまり、真横から平行視点で描かれている図面とは随分異なることが分かります。

 
このような、プロが美しく撮影された写真でもそうなのですから、普通に対象物の近くでパシャッと撮影した写真では、それはもう全く印象の異なる寸法に写りますので、あてになりません。
(そういった写真を見ても違和感が無いのは、脳内補正しているから。)

 
ただし参考になる部分も多くあり、あるところの寸法がハッキリしている場合、それと比較することでこちらの寸法がだいたい分かる、というように、いろんな箇所を相対的に考えて寸法を割り出していくのはとても有効です。

こうしたことを踏まえて、画像編集ソフトで細かく変形をかけながら、CB750Fの図面的なものを作っていきます。


この雑誌「RACERS」は本当に素晴らしいです。

 
 

さあ、プラモデル・キットです。箱デカい!!偶然、ハーレーダビッドソンと1/6が続くことになりましたが、購入したのはCB750Fが先だったんです。場所取る…。

 
 

説明書は英語と日本語の2冊ついてます。プラモ英語の勉強も出来るかも!!

 
 

ブリスターに特別なパーツが封入されています。金属パーツは、最新キットのハーレーに比べるとかなり少なめ。

 
 

まずはパーツの袋にマスキングテープを貼って、大きくランナーのアルファベットを書いておきます。時間短縮のため。

 
 

ランナー「Q」はあんまり見たことないような……(゜o゜)

 

【この記事の使用キット】

ホンダ CB750F プラモデル(Amazon)

というところで、記事を読んでいただいて面白いと思ったときだけでいいので、下のバナー2つ(ガンダムとアルピーヌ)をたまに押して応援してください ヘ(゚∀゚ヘ)
(ついでにいいね!も押してね。)

次回をお楽しみに!!


ブログランキング・にほんブログ村へ
  ↑ 1クリック!応援していただければ嬉しいです!
ガンプラ入門ストアOPEN!
You may also like...
 

8 Responses

  1. Dee より:

    奇遇です。私も同じものを購入しました。
    以前デザイナーを目指しているとコメントしたものです。
    もうほとんど組んでしまいましたが、同じキットということなので投稿楽しみにしています。

  2. kenji@管理者 より:

    Deeさん こんにちは。
    それは奇遇ですね!ほとんど組んでしまわれたとのことですので、思い出しながら見てください(^^)

  3. SERIES:S より:

    これは自分も積んでますよ。
    制作、さらいねん予定ですが、確実に作ります。
    参考にさせて頂きたいです。
    宜しくお願い致します。(笑)

  4. kenji@管理者 より:

    SERIES:Sさん おお、この嵩張るキットを積んでいるとは笑
    再来年とは実に計画的です。よろしくお願いします。

  5. オレンジ より:

    マジかぁ~~~~。
    こんなのスタートしてたんですね。
    思い入れも相まって、いつにも増してスゴイのが出来そうですね。

    私は1/1が欲しくて、物欲と戦っております(笑

  6. kenji@管理者 より:

    オレンジさん 2日前にスタートしたばかりです。スゴイのが作れればそれに越したことはないんですが、楽しんで作るのをいつも目的にしています。
    1/1は、買いすぎなので抑えたほうが良いです笑

  7. kakaporomeo より:

    丁度「バリバリ伝説」が流行ってた頃、これのディティールアップパーツで
    マフラー、バックステップ、セパハンの「三種の神器」がガレキで売れてましたねぇ。
    オイルクーラーも付いてたかな?
    しかしこれはそんなレベルじゃありませんねw
    「RACERS」は本当に素晴らしい「資料」ですね。
    この間買った「moto-elf」なんてよくぞ!と思います。

  8. kenji@管理者 より:

    kakaporomeoさん そうなんですね、1/6で出てたんですか?知らなかったです。
    (当時は模型から離れていたかもしれません。)
    RACERSはどの号もとても興味深く面白いですよね。elfの号も欲しいなあ…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。