第四回「BANDAI 1/100 MSZ-006A1 ZETA plus」

6. 仮組みの仕上げ
 
しっかし、それにしてもパーツ数が多い。
 
これはハッキリいって、初心者向けではないですね~。組み易さはともかく、これだけたくさんパーツがあると、ニッパーで切り取って、ただ組むだけでも大変な作業量 です。ふと我にかえって箱の中を覗くとイヤになってしまいます。
 
しかし、そうはいっても途中で未完成ではこのサイトの記事にもならない(それはそれで面白かったりするかな…)ので、がんばってヒマをみつけては少しずつ組んでいきます。
 
 まず、接着剤を塗らずにハメこみ確認だけした部分を、バラして接着してしまいます。結構固いのが多いですので、合わせたあと目玉クリップでガッチリと止めておきます。
 
settyaku.jpg

バラして、接着してしまう

 
そういえば、翼の部分を仮組みなどするのをすっかりと忘れていた為、組みます。スジ彫り以外は別にいいっか、てな感じです。
(すでにちゃんと見て無い。)
 
wing02.jpgwing01.jpg

左:翼    右:真ん中の機首

 
やばい、飽きてきてしまいそう…なので、またまた顔のパーツを取り出しました。
飽きそうになってやばいな…と未完成病が顔を覗かせた時は「顔」です。これはとても効果的なので、顔を最初に作り込んだりしないようにしましょう。飽きた時の為に残しておくのです。
 
facesharp.jpgfacesharp02.jpg

左:フェイスをシャープに    右:マスクも削る…

 
さて、大きな顔を削ってシャープにして、流行りの小顔にしてあげましょう。成形手術では数十万円もかかる顎骨の削りも、プラモならちょちょいのちょいです。写真は途中なので、まだ大きいです。
 
顔をシャープにしてあげたなら、マスク部分も同じようにシャープに、薄く加工してあげることで、頭部全体のバランスを取ってあげます。
 
今回はちょっと忙しかったのであまり進みませんでした。楽しみにしてくださってる方、すみません! 次回がんばりますので、今後もよろしくどうぞ~。
 

ブログランキング・にほんブログ村へ
  ↑ 1クリック!応援していただければ嬉しいです!
ガンプラ入門ストアOPEN!
あなたにオススメの記事...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください