ランボルギーニ・ミウラ#08サイドスリット


 
みなさん、こんばんは。

 
今日は前置きなしで、さっそくミウラを作っていきたいと思います。

 body37
前回、サーフェーサーを薄く吹いてチェックしたボディ。ちょこちょこと修正しつつ、埋めてしまったスジ彫りを彫っていきます。

スポンサーリンク

 
body38
ほら、元々のよりもすごく良くなりましたでしょう?

 
body39
フロントのふくらみの所も、スムーズに面が繋がっていく感じになりました。

 
body40
後ろ側から見たところ。

body41

 
 
body42
さて、このサイドのドア後ろにスリットのパーツが入ります。キットのパーツは分厚くて、これは納得出来なかったですが、スタジオ27のエッチングパーツにちゃんとこの部品が入っていました。

 
body43
これです!精密!

このパーツ、ふた通りの付け方があり、このスジのディテールがついているほうをオモテにして使う場合は、スリットの羽パーツの足を切って、スジをガイドに瞬着で貼り付ける。
もうひとつ、ディテールが無いほうをオモテに(つまり裏返しで)使う場合は、スリットの付くところに0.3mmの穴をあけて、そこにスリットの羽パーツの足を差し込んで固定する……ということらしいです。

 
一瞬だけ考えて、ディテールをオモテに。

 
 
body44
まずはボディに貼り付けるところを、ボディの曲線に合わせて少し曲げてあげます(矢印の所)。力を入れると、カンタンにペキっと曲がってしまうので注意します。

 
body45
次に、外側にくる部分を適当な細い棒をガイドにして曲げます。

 
body46
ボディに当ててみる。

 
body47
後ろ側から覗くと、上端が少し出っ張りました。

 
body48
ボディの上のほうを少し削ります。忘れていましたが、穴が3つ開いてるのは接着する際に裏側から瞬着を付けるためです。

 
body49
もう一度取り付けてみて、OKだったら瞬着で固定します。外側の足の下(ボディに付いているところ)も接着します。

body50
いろんな方向から見て、曲面が合っているかチェックします。

 
body51
後ろ側から覗くとこんな感じです。

 
body52x
外側の下端、後ろに繋がる曲線に気を付けます。ミウラの美しさのポイントは、このボディの流れです。

 
body53
反対側(右側)も、まったく同様に。

 
body54
こちらも後ろ側から見てチェック。

 
 
元々のキットの写真と近い角度で比較。
body15
BEFORE.

body55
AFTER.
 
 
body56
反対側です。スリットの羽のパーツが付いていませんが、羽は黒いんです。他はボディの色。
 
これはマスキング等は難しいため、塗装後の接着にしようかな……、と悩み中。

 
記事を読んでいただいて面白いと思ったら、下のバナー2つ(ガンダムとアルピーヌ)をたまに押してくださいm(_ _)m

とりあえず今回はここまでです、次回をお楽しみに~!!


ブログランキング・にほんブログ村へ
  ↑ 1クリック!応援していただければ嬉しいです!
ガンプラ入門ストアOPEN!
You may also like...
 

10 Responses

  1. SERIES:S より:

    細かいディテールが素晴らしいですね。
    …3回、往復読みしました。…(笑)

  2. kenji@管理者 より:

    SERIES:Sさん ありがとうございます、ちょっと文章分かりにくい所がありまして、すみませんです。

  3. sogood より:

    初めまして
    私もミウラ製作中ですが、サイドスリットの入手したエッチングバーツ取付に四苦八苦しています。
    丁寧な作業に感服です
    引き続きこれからの製作記、楽しみに致します

  4. kenji@管理者 より:

    sogoodさん はじめまして、コメントありがとうございます。
    それは、ちょうど良かったです。ともに完成まで頑張りましょうね!
    この部分はまだましで、最大の問題はヘッドライトのまつげですよね…。

  5. モン吉 より:

    めちゃめちゃ感化されて三浦さん購入して参考にさせてもらってます

    エッチングパーツが欠品で入荷待ちですが…

    パテ埋めした後のスジ彫りはどんな感じでやってますか?

  6. kenji@管理者 より:

    モン吉さん コメントありがとうございます!
    ミウラ仲間ですね。よろしくお願いします。
    スジボリですが、マスキングテープを貼って線を写し、ダイモテープをその形にカットし定規の代わりにします。
    最初にアートナイフの先を折ったもので彫りつつ、今回から新兵器のタガネ0.2mmを試しています。タガネはまだ使いこなしていないので、記事にするのはもう少し先になりそうです。

  7. 匿名 より:

    買ったどー!かっこいいどー!

  8. kenji@管理者 より:

    匿名さん おめでとうございます、カッコいいですよね!
    お制作頑張ってくださいね。

  9. raymund より:

    how did you scribe new panel line? its very accurate. daimo tape maybe? thank you!

  10. kenji@管理者 より:

    Apply masking tape and copy the line, cut the dimotape into that shape and replace it with a ruler
    At first I carve with [ broke the tip of the art knife ], and tagane 0.2mm and etching saw.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください