ボディ塗装 研ぎ出し フジミ 1/24 フェラーリ365GTB/4 デイトナ #15

 
みなさまこんにちは(^-^*)/

 
フェラーリ365GTB/4デイトナの続きです。

 
インテリアのほうは少し前にだいたい終わっていましたので、ボディ塗装についてやっていきます。

 
 


ボディのパーツの内側から先に黒を塗りました。

 
 

ボディ表面の塗装の前にアナログリラックスで丁寧にブラシをかけてホコリを落としておきます。
やってることはいつも同じ。
 
前の512BBのときのボディ塗装の記事はこちら ↓

 
アナログリラックスの記事はこちら ↓

 
 

今回は首都高で目撃したデイトナが発端なので、紺色です。
エアブラシで塗装しました。

 
 

一度目の塗装が終わった状態。

 
 


フェンダー上部の稜線のシャープさを保つように。

 
 
Mr.COLOR サンダーバーズ
そうそう、色はコレです。
Mr.COLORの326。ブルーFS15044 サンダーバーズカラー です。このまんま使います。

 
サンダーバーズというのは、秘密基地からどーんと出てくるやつではなくて、アメリカ空軍のアクロバットチーム「サンダーバーズ」のことです。
サラダバー じゃないですよ。沖縄の「三郎がー(さんだーばー)」 でもない。

アクロバットチームというと、アメリカ海軍の「ブルーエンジェルス」や日本の「ブルーインパルス」が馴染み深いかも知れませんが、実はこのサンダーバーズは日本にも来たことがある凄いチームなんですね。

 
 

ボディ塗装 研ぎ出し


塗装が乾いたら、今回は表面がそこそこキレイだったので#2000のペーパーからかけていきました。研ぎ出しです。
#2000とラプロスを使います。
私の場合はいつも空研ぎです。水は付けないです。(あくまでも私はということ。)

あと、みんなだいすきコーナンで、こんなものを見つけたので使ってみました。

超精密研磨スティック(#2000と#4000)。ひとつ200円ぐらいでしたので、2種類とも買いました。


ベースのスポンジはちょっと柔らかいので、平面を出すのにはあまり向いていないと思いました。曲面には使えます。
目の細かさはプラモデルでも充分すぎるほど細かいです。

 
 

さて、ボディはこんなふうに表面が曇るような状態にします

カドやエッジは丁寧に。塗膜はとても薄いので、すぐに下地が出てしまいます。

 
 

ルーフはやりやすいですね。

 
 

出来上がったら、クリアーを吹きます。
今回は「Mr.スーパークリアーUVカット 光沢」の缶スプレーです。

 
 

一回だけ吹いたところ。キレイに見えます。

 
 

トランクリッドはこんな感じ。ちょっと乱れています。

 
 

エッジがピシッとなるように、乾燥させてから再度研ぎ出し。
それからコンパウンドをかけました。

ハイライトの線の太さでエッジの曲率がなんとなく分かりますが、シャープに出来ていると細いラインが線を引いたようにスーッと入ります。
 
 
フジミ フェラーリデイトナ トランク塗装 ボディ塗装 研ぎ出し
映り込みはこんな感じです。キレイに映ると気持ちいいです。

 
 
フジミ フェラーリデイトナ ボディ塗装 研ぎ出し
ボディも再度研ぎ出しをします。最後はコンパウンドですが、ヤスリでしっかりとやるのでコンパウンドがけはほんのちょっとだけです。
すごくキレイに映り込むようになりました。(今だけ……)

 
 
フジミ フェラーリデイトナ 塗装
フェンダーのところもこんな感じ。撮影が楽しみです。
時間がたつとツヤびけしてきますが、そうなったらまたあとで磨きます。

動画を撮りました。映り込みがよく分かります。

 
 
【この記事の使用キット】

フェラーリ365GTB4デイトナ プラモデル(Amazon)

というところで、記事を読んでいただいて面白いと思ったときだけでいいので、下のバナー2つ(ガンダムとアルピーヌ)をたまに押して応援してください ヘ(゚∀゚ヘ)
(ついでにいいね!も押してね。)

次回をお楽しみに!!

ブログランキング・にほんブログ村へ
  ↑ 1クリック!応援していただければ嬉しいです!
ガンプラ入門ストアOPEN!
あなたにオススメの記事...

8件のフィードバック

  1. 120sec より:

    kenjiさん、こんにちは!
    いつもながらエッジの部分のシャープなライン、艶々のボディーに惚れ惚れします(´∀`*)ポッ
    別パーツにしたフューエルリッドもすごく良い感じですね!!
    ちなみに下地が出たところはどのようにして修復されているのでしょうか??

  2. kenji@管理者 より:

    120secさん こんにちは、ご無沙汰しております。
    ありがとうございます、この時点ではなかなかキレイに塗れております。
    下地が出たところの件ですが、まだ今の所大丈夫なのですが、もしも出た場合、
    出た部分の状態により、マスキングしてエアブラシでピンポイントにタッチアップする、
    エッジが欠けたような感じのときは塗料をちょん付けする、などなど場合によって塗装方法を変え、最後に磨き直し、という感じだと思います。

  3. tasuketesky より:

    この雰囲気は!
    懐かしいREGNOのCM動画を探して見ていたら、車にワクワクしていたあの頃の気持ちを思い出しました。
    完成心待ちにしています。

  4. kenji@管理者 より:

    tasuketeskyさん ありがとうございます。「車にワクワクしていたあの頃の気持ち」。
    思い出していただけて嬉しいです。

  5. トミーガン より:

    ボディー塗装まで来ると、大分ゴールが見えて来ましたね。
    完成が楽しみです。

  6. kenji@管理者 より:

    トミーガンさん ありがとうございます。もうしばらくお待ちください。

  7. Judas より:

    はじめまして。

    いつも素晴らしい作品を拝見させていただいております。

    一つ質問があるのですが、「Mr.スーパークリアーUVカット 光沢」の缶スプレーにて研ぎ出しをする際は、通常のUVカットでないものと同様に研ぎ出しが問題なく出来るのでしょうか?
    UVカットで研ぎ出しを行う際の注意点などもあればお聞きしたいです。

  8. kenji@管理者 より:

    Judasさん ありがとうございます。
    個人的にはUVカットクリアーも普通のクリアーと同じようにやってます。表面の具合を確かめながらやるのでどちらもやることは変わらないのではと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください