ドアラインの スジ彫り フジミ 1/24 ディノ246GT #06


  • 124
  •  
  •  
  •  
  •  
    124
    Shares

みなさんこんにちは(^-^*)/

 
フジミDino246GTの続きです。

 

ドアラインの スジ彫り


ドアのスジ彫りは前々回にパテで消しました。
線の前後が丸くなっていて精密ではなかったのと、前側のラインを少し修正したかったからです。

 
最初にマスキングテープで覆い、細いペンで線を引いていきます。

 
 

色んな方向から見て(特に斜め前からと斜めうしろから)イメージ通りに引きます。
テープに線が描けたら一旦剥がし、プラ板(0.3mm)に貼り付けます。

 
 

プラ板に貼り付けたらカットします。型紙の完成。

 
 

ボディに当ててみて、大丈夫かどうかを確認。

 
 

裏側に両面テープを貼って固定します。瞬間接着剤で固定してしまって、あとでヤスってキレイにしても良いのですが、これでもきっちり固定出来ると思いましたので両面テープでやりました。

 
 

少しずつ彫っていきます。

 
 

インテイクの部分はこのようにダイモテープを湾曲させて使いました。

 
 

あらかた彫れたら型紙(プラ板)を外して、溝に沿ってフリーハンドで深く彫っていきます。

 
 


修正もしながら……。

 
 

だいたい出来ました。
ずいぶんシャープになりました。

 

 
↓ 今回の部分の動画です。

 
 
 
【この記事の使用キット】
フジミ模型 1/24 リアルスポーツカーシリーズNo.101 ディノ 246GT

【こちらは前期型エンジン付きのモデル】
フジミ模型 1/24 EM-37 ディノ246GT 前期型

【こちらは後期型エンジン付きのモデル】
フジミ模型 1/24 ディノ246GT 後期型

というところで、記事を読んでいただいて面白いと思ったときだけでいいので、下のバナー2つ(ガンダムとアルピーヌ)をたまに押して応援してください ヘ(゚∀゚ヘ)
(各SNSをやっている方は是非応援よろしくお願いします。)

次回をお楽しみに!


  • 124
  •  
  •  
  •  
  •  
    124
    Shares
ブログランキング・にほんブログ村へ
  ↑ 1クリック!応援していただければ嬉しいです!
ガンプラ入門ストアOPEN!
あなたにオススメの記事...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください