塗装 フジミ 1/24 ディノ246GT #07


  • 149
  •  
  •  
  •  
  •  
    149
    Shares

みなさんこんにちは(^-^*)/

 
フジミDino246GTの続きです。
前回は下地を仕上げました。今回は塗装に入ります。
ボディカラーはイエローにします。フェラーリのコーポレートカラーなんですね。

 

下塗り


イエローは一般的に隠蔽力が低く下地の影響をとても受けてしまうため、下塗りします。
まずはエアブラシを細く吹けるようにして、入り組んでいるリア周りのところを塗ります。

隠蔽力の高いアルティメットホワイトに、イエロー(本塗装用に用意したフィニッシャーズのピュアイエロー)を少しだけ混ぜてクリーム色を塗りました。
(ホワイトだけでもいいと思うのですが、なんとなくピュアイエローを開けて試したかった。)

ちなみに愛用しているクレオスのカラーですが、クレオスGX1のホワイトは隠蔽力があまり高くないのですがガイアカラーのアルティメットホワイトはとても隠蔽力が高く、すぐに下地を隠してくれるので、ホワイトだけガイアカラーを使うことが多いのです。

 
 

こんな感じに塗り進めていきます。

 
 


まだグレーがうっすら透けています。

 
 

塗れました。

 
 

だいたいこんな感じで。

 
 

フィニッシャーズのピュアイエロー。
最初はこれで行こうと思っていました。その後あんなことになるとはこの時点では知る由もない。。。

 
 

下塗りのときと同様に、まず入り組んでいるところから丁寧に吹いていきます。
そうしないと、全体的に吹くと入り組んでいるところが荒れてしまう。

 
 

塗れました。

 
 

フィニッシャーズのカラーはツヤが伸びやかで美しい。

 
 


がしかし!
色味が自分の思っていたのと違う……。黄色がちょっと赤いのです。

 
一瞬(嘘、だいぶ)迷いましたが、上から別の色を塗ることにしました。

 
 

キアライエロー


クレオスのキアライエローです。こちらはフィニッシャーズのピュアイエローと比べるとレモンイエロー寄り。
明るくて、(どちらかというと)白っぽい。

 
 

塗れました。ああ、この色だ。
塗り直して良かった。

 
 

下塗りがピュアイエローになったのが良かったのかも知れませんが、ほぼ思っていた色になりました。

 
 

色の違いは微妙なのですが、明るい照明が当たるとグラデーションになる途中の色の具合がだいぶ違うのです。
写真では露出の高低で分かりにくいと思います。実物はかなり違う。

 
 

こちらをしっかりと乾燥させたあと、次回は研ぎ出しの作業に移ります。

 
↓ 今回の部分の動画です。動画だとより黄色の色味の違いが分かりやすいです。

 
 
 
【この記事の使用キット】
フジミ模型 1/24 リアルスポーツカーシリーズNo.101 ディノ 246GT

【こちらは前期型エンジン付きのモデル】
フジミ模型 1/24 EM-37 ディノ246GT 前期型

【こちらは後期型エンジン付きのモデル】
フジミ模型 1/24 ディノ246GT 後期型

というところで、記事を読んでいただいて面白いと思ったときだけでいいので、下のバナー2つ(ガンダムとアルピーヌ)をたまに押して応援してください ヘ(゚∀゚ヘ)
(各SNSをやっている方は是非応援よろしくお願いします。)

次回をお楽しみに!


  • 149
  •  
  •  
  •  
  •  
    149
    Shares
ブログランキング・にほんブログ村へ
  ↑ 1クリック!応援していただければ嬉しいです!
ガンプラ入門ストアOPEN!
あなたにオススメの記事...

4件のフィードバック

  1. tech-naka より:

    いつも楽しく拝見しております。
    画像でもイエローの違いがわかりました、イエローは難しそうですね。
    スーパーカーブーム時に見ていたイエローになって良かったです。

  2. Y.Iwase より:

    YouTubeのチャンネル登録者10万人達成おめでとうございます㊗️
    これからも楽しみに拝見します。

  3. kenji@管理者 より:

    tech-nakaさん ありがとうございます。イエローはキレイでカッコいいですね。
    フェラーリにとてもよく似合います。

  4. kenji@管理者 より:

    Y.Iwaseさん ありがとうございます。YouTubeはこれからも頑張っていくのでよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください