Modeler GP 2016 前編


みなさんこんにちは。

12月になってとても寒い日が増えてきましたが、風邪などひかずにお元気でしょうか。
私はつい先日、遅くなりましたがインフルエンザの予防接種を済ませました。

 
私が小学生の頃は、インフルエンザの予防接種といえば、学校で行う「鉄砲注射」でしたよね。

 
これは年齢がある程度高い人で、しかも地方により実施していないところもあったため、分かる人のほうが少ないかも知れません。

 
毎年毎年、本当に恐怖でしたよ。

infr01
絵はうろ覚えですので適当に描きましたが、ほぼ99%こんな感じです。
ガン型のエアブラシじゃないですよ?

上のカップには、Mr.カラーが入っているんじゃないんですよ。ワクチンですよ、ワクチン。

 
腕まくりした状態で、長蛇の列になり、順番にバシューン!…はい、バシューン!…はい、バシューン!とやられるわけです。

もうめちゃくちゃ痛い。腕が千切れる、出来ることならこの場から逃げたい、でも男の子なので逃げるのもだめ、今生まれ変われるなら、目の前の医者側になりたい、と思うが早いかバシューン!とやられます。

で、これはもうトラウマレベルで記憶に刷り込まれ、小学校卒業したら、大人になってもずっと、インフルエンザは(強制ではないので)避けて通って来たんですね。
「鉄砲注射だけは嫌だ」と。

 
で、時は川の流れのようにゆるやかに流れ、大人になったわけなんですが、ずっと「インフルエンザは鉄砲注射」だと思っていました。35歳過ぎても。

 
ある日、突然に、その時が訪れます。

どうしてもインフルの予防接種をしなきゃならない日がやってきました。
「男なら、危険を顧みず、死ぬと分かっていても行動しなければならない時がある。負けると分かっていても戦わなければならないときがある。……鉄郎はそれを知っていた」とハーロックが言ってましたので、覚悟を決めて「ようし、矢でも鉄砲注射でも持ってきやがれ」と叫んだのですが、妻が「はあ?」みたいな顔をしています。

 
それで鉄砲注射って痛いよね、最悪だよね、尻もちついちゃうよね、と話をすると、毎年予防接種をしていた妻が、鉄砲注射を知らないんですね。
 
そのときに初めて、え?あれ?鉄砲注射ってまさか全国区じゃなかったのか!と気が付いたわけでした。

 
普通のシリンダー型の、絵に描いたような注射器でやるそうでしたので(むしろそっちのほうがやったことなかった)、痛さは想像付きませんでしたが、実際にやってみるとまったく痛くなくて(鉄砲注射比、わたし調べ)、ビックリしました。これなら毎月でも打てる。

 
というわけで、いつも通り何が言いたかったか途中から分からなくなりましたが、インフルエンザが猛威をふるっていますので怖いというお話でした。

 
※なお鉄砲注射は、肝炎に感染する恐れがあって無くなったようです。そりゃそうよね、腕に直に付けてやってたもん。
 
 
 
……さて!本題です。

 
タイトルにもあるように、さる12月4日に、もてぎサーキット内にある「ホンダコレクションホール」で「モデラーGP 2016」というイベントが行われました。
バイク関連の模型に特化したコンテストです。

模型のイベントに参加したことがない自分がなぜ参加することになったのかはひみつですが(厳密にいえば二十歳ぐらいの若い頃に、海洋堂アートプラ大賞で何かの賞をいただきました。あとボークスのコンペで何度か賞を頂いたことがあります、昔の話。)、12月は仕事のほうが最も忙しくなる月で、現在制作中のスペンサーは間に合わない、前に作ったサロンなら…というわけでサロンを持っていくことにしました。

 
ですが、そのまま持っていくだけ、というのもなんだか失礼な感じもするなぁと思い、ベースを新しく作り直すことにしました。

 
ベースの制作を記事にしても良かったのですが、バタバタと作ったためにあまり誰の参考にもならないし面白くないかということで、割愛します。主役はバイク。

 
さて梱包もしっかりやり、12月4日、当日。現地に午前9時前に行かなくてはなりませんので、土地勘もないし、渋滞したら怖いということで夜中の2時前ぐらいに出発しました。

 
夜中の運転は嫌いではないのですが、周りのクルマがむちゃくちゃな運転をするときがありますので、首都高は特に注意します。
この日も途中で発煙筒が突然現れてビックリしました。

 
しかし首都高って、ナビがない時代はどうやっていたのか?と思います。分岐が左右に次々に現れ、コーナーの連続、アップダウンもある。

4車線の道路に合流して200~300メートルで一番反対側まで行って分岐を出なくちゃいけないとか、まさに初見殺し。ナビがあるからなんとかなりますが…。

 
行きは無事渋滞もなく、すんなりと予定だった「道の駅もてぎ」に到着します。午前5時ぐらい。

ここで後部座席をフラットにして、1時間ほど寝ました。

 
そして午前6時にサーキットへと向かいます。道の駅もてぎから、クルマで5分ぐらいです。

 
modelergp2016-01
ゲート(南)は開いていて、だだっ広いスペースに通されました。たくさんのクルマが停まっています。
周辺道路の混雑防止のため、いったん敷地内の広大なスペースに入れ、その後順番に中に入れてもらえるようです。案内もなにもしてもらえないので、このままどこかに売られるのかなと心配しました。
(※ゲートのところでもらった紙に、このスペースで6:30まで待つようにとちゃんと書いてたことに後で気付く。)

 
 
modelergp2016-01b
だんだんと夜が明けて、左の列から順番に中にクルマが入りだしました。

 
 
modelergp2016-02
駐車場に入ったあと、時間までクルマで休憩して、いざホンダコレクションホールへ。こんなに立派な建物です。

 
会場の受付で申込用紙に必要事項を記入し、模型を搬入したらひと安心です。
せっかくですのでホンダコレクションを堪能します。
 
modelergp2016-03
アシモの変遷です。なかなか興味深いです。アニメで「ワシモ」というのがありますが、ワシモは置いていません。

 
 
modelergp2016-04
上の階に行くと、こんなふうに歴代の名車がたくさん展示してあります(2輪、4輪とも)。

そして素晴らしいと思ったのは、ホンダの車両だけかと思っていたら、写真を見ると分かるように他社の車両もいくつもありました。
上の写真では、中央左よりに赤いカワサキがあります(Z400FX)。右よりの赤いのはNRです。左手前には、今空前の人気で価格沸騰中のCBXが。

 
 
modelergp2016-05
これ!懐かしい!CBR250のカムギアトレーンのやつ。当時いいなぁ~って見てました。

 
 
modelergp2016-06
CB750F。自分のはFBでしたが、これはFAですね。今でも本当にカッコいい。最高のバイク。

左に見切れているのは、空冷6気筒のCBX1000です。「こち亀」の本田の愛車でしたね。

 
 
modelergp2016-07
4輪のコーナーも、懐かしいのがたくさんありました。これはクイント・インテグラ。
大学時代にいつも一緒に遊んでいた友人がこれの白で、毎日のように乗っていたのでめっちゃ懐かしいです。

 
 
市販車だけではなく、レーシングマシンもたくさんありまして…、

  
modelergp2016-08
これ!85のNSR500!まさに現在制作中のモデルです。写真撮りまくりました。今頃。

 
でも気を付けないといけないのは、こうして現状保存してあるものは当時のレースを走っていたやつと微妙に違うことがある、ということです。
モデラーGPのトークショーでも言っておられましたが、特にタイヤは違うとのこと。2台の異なる車両を1台に合わせたやつもあるそうです。
パーツやカバーも違うことがありますね。

 
 
……といいつつ比較。

 
modelergp2016-09
これは展示してあった実車の’85 NSR500です。

modelergp2016-10
これが今制作中のタミヤ。エポキシパテで作ったチャンバー、そこそこ近いんじゃないかなあ。

 
 
modelergp2016-11

そしてAMAの最高のバイクも置いてありました。。。かっこ良すぎる。なんかスイッチ入りました。

さて、(関係ない記事で)長くなってしまったので今回はここで一旦終了です。
後編はコンテストの模様を紹介します。次回!お楽しみに!

 
記事を読んでいただいて面白いと思ったときだけでいいので、下のバナー2つ(ガンダムとアルピーヌ)をたまに押して応援してください ヘ(゚∀゚ヘ)


ブログランキング・にほんブログ村へ
  ↑ 1クリック!応援していただければ嬉しいです!
ガンプラ入門ストアOPEN!
You may also like...
 

4 Responses

  1. SERIES:S より:

    いい画像を沢山閲覧させていただき、感謝です!
    懐かしいですね、もろ「世代!」(笑)

    鉄砲注射、受けましたよ、自分も…..
    体育館に並ばされて、まさに「死の宣告」!
    今のは、あれに比べたら、少しも痛くないですね。(笑)

  2. 名無しさん より:

    昔の予防接種ってそんなSFチックなメカでやってたんですか、驚きですw
    あ、でもBCGは受けた世代ですわ…
    バイクは親戚が当時乗ってた初代CBR-Fに乗せてもらったのが
    原体験で、それ以来のホンダ党ですw

  3. kenji@管理者 より:

    SERIES:Sさん CB-FやCBX、Zなどネイキッドバイクでカッコイイのがたくさんあった世代ですね。
    そしてまさか鉄砲注射を受けた方がいるとは…!あれは悪夢ではなかったんですね(笑

  4. kenji@管理者 より:

    名無しさん 鉄砲注射は別次元かと思いますが、BCGのハンコ注射も結構痛かったですよねw
    CBRは当時センセーショナルでしたね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。