リアショックの制作 その1 アオシマ1/12 カワサキ750RS Z2 #11

 
みなさんこんにちは(^-^*)/

 
さて前回はカレーの紹介をしたところ非常~に反響が大きく。
みんなカレーのこと好きだねー と再認識した次第です。
だって美味しいから仕方がない。

 
最近は街に行くと、インド・ネパール系のカレーやさんがたくさん軒を連ねています。いますよね。

大抵、ランチとかだと、「ナン」か「ごはん」、「カレー(1種か2種選べる)」「野菜」「ラッシー」(名犬ではない)、ぐらいがセットになっているかと思います。
モデラーのみなさんはだいたいチキンカレー+ナンですよね。

しかし私はあえてほうれん草のカレーを推したい。ほうれん草とチーズのカレー だったらなおよし。(これをパラックパニールといいます)

緑色のやつですね。
これは美味い。

二種類選べるのなら、ほうれん草とチキン(もしくはバターチキン)とかだと凄いお得感ある。

 
 
…… あちょっと待ってプラモのこと書かなきゃ。

 
今回はZ2の制作を進めていきます。
 
薄々気がついてきたのですが、スクラッチばっかりになってきまして……。

先日はスイングアームのスクラッチをしましたが、今回はリアショックをスクラッチしていこうと思います。

ネイキッド系のバイクはこのリアの2本のショックがとても目立ちまして、カッコいい要素の大きなひとつ。
実車ではオーリンズなんかなかなか高価で買えないかも知れませんが、模型ならいくらでも好きなショックを作り、装着することが出来ますね。

 
 

部品の部品を作っていく


これがキット付属の部品です。全然悪くないのです。
でも、この、ショック本体からタンクへ繋がるところの曲線とかがちょっと好みじゃないのと、やっぱりスプリングは作り直したい。 

となると、せっっかくなので全部作っちゃえ! となります。

 
 

なので、結局ショックはスクラッチ。
まずはマウントのあたりから。プラパイプを薄く切って作りました。

 
 

横から真っ直ぐピンバイスで穴をあける。

 
 

横から見たところ。

 
 

虫ピンを最初の芯として使います。硬いので。

 
 

行けると思ったら、同じものを2つ作ります。

 
 

バンプ・ラバー?というのかな、を作ります。

 
 

ショック上部のパーツを作ります。
リューターで回して作ります。

 
 

調整ダイヤルみたいなものを彫ります。このあたりは適当というか勝手なデザイン。

 
 

部品の部品がどんどん出来上がっていきます。
金属パイプみたいなものがたくさんありますが、径合わせのアルミパイプと、きれいなステンレスパイプが少ししか残っていないので見えない部分は同径の真ちゅうパイプを使うからです。

 
 

いったん順番に組んでみます。

 
 

こんな感じに、見えるところがキレイなステンレスパイプ。

 
 

ショック上部は2つに分割して使います。

 
 

そう、ここで分かる方がいるかもしれないですが、オーリンズのようなデザインにします。ガイコツオーリンズ。

 
 

このようにプラ板が組み合わさっています。
実は、スペンサーのCB750Fのときに、1/6スケールでオーリンズのショックをスクラッチしましたが、それとほぼ同じことを1/12でやっています。

 
 

裏から見たところ。

 
 

骨の部分は適当にまずプラ板を組み合わせて、その後カットしてそろえる方式。

 
 

カットしてそろえました。

 
 

これで上部の芯というか、基本形が出来ました。
ここにUVレジン&ポリパテを盛り付けて整形していきます。

 
 

こちらはタンク。裏はただの平面ではなく、このようになっています。
この中心に六角ナットのディテールが付きます。

こうした凹んだ平面はどうやって作るか難しそうに見えますが、パイプに奥まったフタをしているだけです。 

 
さて引っ張るようですが、長くなってきたのでその2に続きます。じらしのテクニックではありません。
お楽しみに。
 

【この記事の使用キット】

青島 1/12 バイクシリーズ No.6 カワサキ ZII改スーパーカスタム

というところで、記事を読んでいただいて面白いと思ったときだけでいいので、下のバナー2つ(ガンダムとアルピーヌ)をたまに押して応援してください ヘ(゚∀゚ヘ)
(ついでにいいね!も押してね。)

次回をお楽しみに!!

ブログランキング・にほんブログ村へ
  ↑ 1クリック!応援していただければ嬉しいです!
ガンプラ入門ストアOPEN!
あなたにオススメの記事...

2件のフィードバック

  1. raymund より:

    very nice work!

  2. kenji@管理者 より:

    raymund-san Thanks!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください