イグニッションキー フジミ1/24 ポルシェ911 ’73カレラRS #16

みなさんこんにちは(^-^*)/

 
ポルシェ911の続きです。
細かい部分が細切れになってしまいわかりにくいかもしれませんが、今日はインテリアのその1としてドアの内張りやメーターパネル周り(イグニッションキー)をやっていきます。

 

ドアの内張り


これは黒いマスキングテープの粘着面を内側に折り、貼り合わせて、細く切ったものです。

 
 

ドア内張りに付くベルトとして使用します。

両端を虫ピンで留めます。

 
 

少~しだけたるませるのがポイント。

 
 

以前に作ったドアハンドルを接着して、何箇所か虫ピンで鋲止めのようなディテールを付けました。
あとはこのあと少し汚して終了。鬼のようにシンプルですが、「硬派」を絵に描いたようでとてもカッコいい。硬派は英語だと「Samurai type」みたいな意味です。

 
 

ダッシュボード(メーターパネルと イグニッションキー )


ダッシュボードのパーツ。

 
 

メーターの部分に穴を開けて、いつものように後ろから液晶保護フィルムとメーターのデカールを重ね入れます。

 
一番右のメーターは穴を開けません。

ここには時計が入るのですが、73カレラRSの中でもスポーツモデルには時計がなく、このようにフタがされたままになっています。
(ちなみにキットのデカールにも時計は付いていない。)

 
 

裏から見るとこんなふうになっています。段差があるので穴を開けるのはちょっと面倒でした。

 
 

ダッシュボードの上側に重なるパーツ。邪魔なところを切り取ります。

 
 

こんなふうに。

 
 

真ん中のメーターの下に開いた小さな穴は、ステアリングのボスをはめる穴です。その左に円のディテールが3つ並んでいますが、その一番右がイグニッションキーになっています。
イグニッションキーの左はハザード。一番左はわかりません、ライトのスイッチかな?

 
 

イグニッションキーと差し込み口を作ります。これはソケットピン(電子部品)をペンチでグリッと捻って取った、頭の部分。これをキー差し込み口にします。

 
 

大きさはほぼ同じ。

 
 

穴を開けます。ソケットピンがぴったり収まるように。

 
 

ぴったり。

 
 

アルミ板を切り、キーを作ります。まずはおおまかに切り出して……。

 
 


穴を開けたり削ったり色々と。

 
 

だいぶ整いました。

 
 

このように差し込み口に…グイッと……

 
 

……入ります。キーホルダーもあとで作ろう。楽しいね。

 
 

ダッシュボードを塗装しました。キー差し込み口はせっかくなので、あえてこんな感じに。

 

 
※Youtubeチャンネル登録はコチラ→https://www.youtube.com/channel/UCBIG8ak5ohAxG5yYLDdmV4Q?sub_confirmation=1
動画がアップされると通知が来るので便利です。

 
【この記事の使用キット】
※リンク先が勝手に変わることがありますのでご確認を。

フジミ 1/24 ポルシェ 911カレラRS’73

というところで、記事を読んでいただいて面白いと思ったときだけでいいので、下のバナー2つ(ガンダムとアルピーヌ)をたまに押して応援してください ヘ(゚∀゚ヘ)
(ついでにいいね!も押してね。)

次回をお楽しみに!!

ブログランキング・にほんブログ村へ
  ↑ 1クリック!応援していただければ嬉しいです!
ガンプラ入門ストアOPEN!
あなたにオススメの記事...

2件のフィードバック

  1. 中西 より:

    kenjiさん こんにちは、いつも楽しく拝見しています
    今回の記事は、手軽で雰囲気アップのネタがわかりやすく
    解説されていてとても参考になりました。
    また、実車メーターのフタのくだりやミニ知識も盛り込まれて
    読み応えがありました。 ありがとうございます!
    ソケットピンですか?まったく初耳ですが
    こんな部品の一部を「ここに流用できるな」って気づきのセンスの良さ
    素晴らしいです!!
    細部に凝ることで、愛着もひとしおでしょう
    ドア内貼りベルトのことも、ありがたいアイデアです。
    なかなか減らない志賀昆虫針に出番が来ました!
    重ね重ね参考になります。 なんと手軽で見栄えのいいことか
    次回を楽しみにしております

  2. kenji@管理者 より:

    中西さん クルマのメーターパネルはとても心躍るところで、手を入れること自体が面白いので是非いろいろとやってみてください。
    豆知識は資料を探すうちにだんだんと身についてきますのでそれをシェアしています。
    またよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください