フィギュア完成 ランボルギーニ・ミウラ#24

 
みなさんこんばんは。

 
もう6月になりまして、だいぶ暖かくなりましたね。
この4月から新しい環境になった方も、だいぶ慣れてきたのではないでしょうか。
 
さて前回こどもの塗装の途中でしたので、続きをやっていきます。
 
 
figure11
こどもは横に置いておいて、おとなを塗ります。
 
肌色はエアブラシで塗装し、ざっと明暗なども付けておきます。
 
その後、筆塗りで、衣服を塗っていきます。
(衣服を塗ったあとで、再度肌色を手直しします)

 
 
figure12
シャツはブルーなのですが、一色で塗ると微妙なシワや凹凸の感じが出ないので、混ぜながら塗るような感じでやりました。
大きな目立つシワの部分ではシワの下側は暗く、上側は明るい色を置きます。

 
 
figure13
ツヤはあとで消すので、今は気にしません。

 
 
figure14
ジーンズです。
造形はジーンズではないっぽいのですが、ジーンズにしたいので塗装でそれらしくすることにしました。

 
まず濃い目の紺色を適当に塗ります。

 
 
figure15
その後、少しずつ青を明るくして塗装していきます。
ジーンズはステッチがないとジーンズに見えないので、入れます。
 
 
figure16
太ももの前面は色落ちするので、そこだけ明るい色や白などでガサガサと塗装。
ワンウォッシュな感じに。

 
 
figure17
オーバーにならない(浮かない)ように、控えめにしました。

 
 
figure18
だいたいまとまってきたら、帽子やメガネ、靴などを塗ります。
髪の毛は真っ黒で塗ると浮きますので、ベースは少しだけ白を入れて濃いグレーにし、光の当たるところに明るいグレーを入れます。
 
メガネですが、本当は普通のメガネなのですが、レンズに目を描くわけにもいかず、サングラスの設定にしました。
帽子は黒なのですが、帽子の黒い帯(布)の部分の質感と、帽体の質感を分けるためにグレーにします。
 
小川さんは、帽子に付けたバッヂもちゃんと造形してくださっていました。

 
ジーンズは青なのに、服も同じような青にするのか、という所があると思いますが、上と下を違う色味にしてしまうと、こどものほうでも赤と薄緑を使用しているため、色が多すぎてガチャガチャになり、まとまりが無くなります。
 
むしろ大人は目立たせず、こどもに視点がすっと行くようにしています。

 
 
figure19
シャツのツヤが消えきりませんでしたが、これでOKにしようと思います。
 
また後で何か気になればそのときに直せばいいので。

 
 
figure20
さて、ダイソーにてこんなコルクボードを調達してきました。100円です。

 
 
figure21
木枠をグッと引っ張って外します。95万パワーぐらいあれば取れます。

 
 
figure22
外してみると、コルクシートとダンボールが接着されている状態でしたので、ダンボールの半分を剥がしていきます。

 
 
figure23
カットして、ディスプレイケースの地面に両面テープ(ナイスタックの青)で貼り付けました。

 
なぜこんなことをやっているかというと、前にクリスチャン・サロン+YZR500 のときに、ディスプレイケースの地面に「情景テクスチャーペイント(路面ダークグレイ)」を塗って作ったのですが、路面が細かくてもう少し粗くしたいと思っていました。

 
コルクを使えば、もう少し地面(アスファルト)っぽくなるかなという目論見です。

 
 
figure24
と思ったのですが、それほど変わらないような気も。。。
次回はもう少しコルク面を荒らしてからやってみようと思います。

 
 
というわけで……!
  
figure26
フィギュアとミウラをケースに並べて、これでやっとすべて完成です。

 
 
figure27
1/24ですが、夢が叶ったような気分です。

 
  
記事を読んでいただいて面白いと思ったら、下のバナー2つ(ガンダムとアルピーヌ)をたまに押してくださいm(_ _)m

とりあえず今回はここまでです、次回をお楽しみに~!!

ブログランキング・にほんブログ村へ
  ↑ 1クリック!応援していただければ嬉しいです!
ガンプラ入門ストアOPEN!
あなたにオススメの記事...

10件のフィードバック

  1. オレンジ より:

    完成、おめでとうございます。
    それにしても、塗装したら更に、気持ち悪いくらい似ていますね。
    ブログで顔出ししているのと同じですね、ここまで似ていると。
    原型が素晴らしくても、塗装でだめになる事も良くありますが、そこは流石です。
    この勢いで、1/24と言わずフルスケールで夢を叶えてしまいましょう!!

  2. kenji@管理者 より:

    オレンジさんさっそくありがとうございます。
    そんな似てますかね…似てるよね…。かなりかっこ良い方向に振っていますが笑。
    まぁサングラスしているので、顔出しにはなっていません。
    あと、1/1のミウラは燃えるのが怖くて手を出せません。(ってその前にお金がありませんけど)

  3. 成蔵 より:

    完成 おめでとうございます。
    マツゲのあたり
    凄いな~と関心です。

    次回作が楽しみです。

    イアン.マックエー(間違ってるかも?ですが、、)
    という方のイラストは、ご存知でしょうか?
    スクラッチになってしまうでしょうが
    是非とも
    作って頂きたいです!

  4. kenji@管理者 より:

    成蔵さん ありがとうございます。まつ毛はとても大変でしたので嬉しいです。
    次回作はバイクとライダーです。是非ご覧ください。
    イアン~ さんのイラストは知りませんでした。調べて見ましたが、これは大変そうですね笑

  5. SERIES:S より:

    完成おめでとうございます。

    疑似でも、模型の世界でしたら、夢も叶いますね。
    1/24とはいえ、素晴らしい出来栄え!
    次回作も楽しみです。

  6. kenji@管理者 より:

    SERIES:Sさん ありがとうございます、フィギュアと組み合わせるのは面白いです。
    ガレージも作ってたくさんのクルマに囲まれようかな…(^^)
    次回作もお楽しみに。

  7. Luka より:

    横向きの写真はこのためやったんですね〜
    構図に納得です!顔の作りこみとか大変そうです…次は何のバイク作らはるんですか?

  8. kenji@管理者 より:

    Lukaさん ありがとうございます、、、イヤ、この為に横向きの写真というわけではないのですが…(^_^;)
    次はもうすぐ更新しますのでお楽しみに!!

  9. kiy より:

    おとーさんがミウラ乗りの家に生まれたかったなあ…。
    すごい自慢できますよね。

    とはいえ、ウチの父は免許すら持ってなかったんですけどね(笑

  10. kenji@管理者 より:

    kiyさん 家にミウラがあるなんてかなり特殊な家ですよね笑
    免許なくても暮らせるのであれば、それはそれで。。。自分はクルマ好きなのでいつまでもクルマに乗りたいですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください