オイルクーラー 1/6 AHM CB750F (1982) F.Spencer#24


 
みなさんこんばんは。

 
みなさん、仮面ライダー見てますか?仮面ライダービルド。めっちゃ面白いですよ。
主題歌は小室哲哉 X 浅倉大介ですよ。
キメポーズはイマイチですが、ストーリーが面白いですよ。

 
今回はベルト(ビルドドライバーという)にセットするのを「フルボトル」というのですが、モデラーさんだと改造とかしちゃう人いるんだろうな…。(← やりたい)

 
……ああ、面白いこと思いついたなあ、今度書こう! なんて思ってても、書くときにはすっかり忘れていますね。

 
なので今日はふざけずにいきなり制作記事です。オイルクーラーを作ります。

 
 
AHM CB750Fオイルクーラーのスクラッチ
AHM CB750Fのオイルクーラーは、ゼッケン下に吊り下げるように取り付きます。
全面にメッシュのガードがくくりつけられています。
まずは、オイルクーラー本体の基本形をプラ板箱組みで作りました。

 
 
AHM CB750Fオイルクーラーの制作
資料をよく見て、サイドの板に穴を開けます。均等間隔ではなく、上のほうが少し開き気味(写真は、天地逆さまに持っています)。本体コア部分にはタテに大袈裟目にスジボリを入れます(Pカッター)。
昨年のモデラーGPのとき、主催者MAXさんが「やっぱりオイルクーラーなんか作るときは、こういう(指を波のように上下させるジェスチャー)波々にプラ板を曲げて作ったりするんですか?」とか、世にも恐ろしいことを仰ってきて、ミリ秒で否定しましたが、なんとなく気になって紙で試作を試み、途中でやめました笑。

そして、アルミ板(0.5mm)をカットして上下から挟み込んでカドを曲げました。

 
 

両サイドのナットのディテールは、本物のナットを使っています。ただし、穴が小さいため、中を通るパイプを削り込んで、穴の形が大きいように錯覚させています。

 
 

これが基本形です。細かい耐水ペーパーをざっとかけてあります(塗装の足付け)。

 
 

金属線を横に渡して固定(多分12段)。これでオイルクーラーっぽくなってきました。そういうことにしておこう。

 
 

さて本体はだいたい出来たので、メッシュガードを作ります。まずは枠をステンレス線を曲げて作りました。このステンレス線は、フォークのボトムケースの制作でも出てきた、超硬い線です。ああ、硬い。

真ん中のあたりが前にぐっと出ている感じで、まっすぐの平面ではないところが曲者です。

 
 

メッシュはひし形に編み込んであるタイプですので、waveのC-MESHを45度傾けて使用します。カットする前に、なにかのカドに押し付けて凹凸を付けておきました。

 
 

枠とアミを瞬間接着剤で付けました。凹凸があるだけで超難しいです。

 
 

こんな感じに付きます。枠の切れ目を下にもっていくか、上に持っていくか悩み中。(この写真では下にあります)

 
 

本体を黒で塗装。ツヤあり。コアのフィン周辺だけツヤ消し。軽くウェザリングもします。

 
 

実車同様に結んで留める。

 
 

もうかなり前の制作記で作ったフィッティングパーツを仮に取り付けてみます。

 
 
AHM CB750Fオイルクーラー完成
こんな感じでオイルクーラーはほぼ完成です。

 
 
【この記事の使用キット】

ホンダ CB750F プラモデル(Amazon)

というところで、記事を読んでいただいて面白いと思ったときだけでいいので、下のバナー2つ(ガンダムとアルピーヌ)をたまに押して応援してください ヘ(゚∀゚ヘ)
(ついでにいいね!も押してね。)

それでは次回をお楽しみに!!


ブログランキング・にほんブログ村へ
  ↑ 1クリック!応援していただければ嬉しいです!
ガンプラ入門ストアOPEN!
You may also like...
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。