モデラーGP 2018


 
制作日記はデイトナの途中ですが、今回はちょっとイベントレポートを。

 
12月9日、ツインリンクもてぎのホンダコレクションホールにて「モデラーGP」が開催されました。

 
モデラーGPは、バイク模型のコンテストで年一回、この時期に催されます。
私は2016年、2017年に続き、3度目の参加になりました。

 
レポートと言いながら、写真ばかりですが(下手な文字よりも写真のほうが一目瞭然)、ほぼ全車の写真を掲載したつもりです。(漏れていたら申し訳ありません)
作者名は、分からない方もいたので全部書いていません。

 
Webサイトにあるまじき重い画像貼りまくり(66枚)なのはどうかと思いましたが、下手にページを分けると見にくくなるのでこのページに全部載せました。
Wi-Fi環境推奨です。

 

会場のホンダコレクションホールです。ツインリンクもてぎの南ゲートを入って少し行ったところにあります。

 
モデラーGP当日はいつも「ホンダレーシングサンクスデー」の日に重なっていて、早朝(夜中)から凄い量のお客さんが殺到します。

 
前置きはそこそこに。以下、参加されたバイク模型の写真です。(コメントは全部につけるのが大変なので、失礼ながら一部のみです。また、順番に意味はありません。)


TOPスタジオのディテールアップパーツを組み込んだ超絶ディテールのRS。

 

 


 


すみません、写真の角度が悪くてチャンバーの凄い塗装が隠れてしまいました。。。

 


こちら、タミヤのキットではないそうです。

 

プロターのキットです。仕上がりが凄くキレイ。私もプロターの在庫がいくつかあるので作らないと…。

 

富沢祥也選手のマシン!

 

CB「550」Fourです。キットがないので、400と750を使ったそうです。

 

ビッグスケール、1/6のNSR。

 


素晴らしい空気感。


こちらも背景のお店の雰囲気とマッチして美しい。ポストカードにして欲しいです。自然光ではないのにここまで雰囲気が出るのは背景の作り込みや塗装のセンス、バイク本体の塗装のレベルが高いからでしょう。

 

こちら、なんと「木」製のバイク!
鉄の馬も、木になると暖かい感じがして、これはこれでインテリアに欲しいです。
実はもう一台あるのですが……

上からの写真しか撮っていなかったようでした。。。申し訳ないです。

 

こちらも美しいYZRだったのですが、上からの写真しか撮っていなかった……。

 

超絶ディテールのYZR500。最初はこの写真のように、カウルが外れていて後ろに置いてありました。それが……


審査が終わってから、なんとカウルが装着されていて、とんでもない美しさに驚きました!
カウルの薄さ、繊細さ、ツヤの素晴らしさ…。圧倒されました。
(後ろに置いてあるときはそこまで気が付きませんで…^^;)

 


素晴らしく塗装の美しいGPz400。このバイクは高校生のときに友達が買ったやつ…。

 

 


トップガン風のH2。カッコいい!

 

この作品がですね、とんでもない秘密があるのです。

なんと、ボタンを押すと、エンジンのピストンが動き、排気が再現されるんです。

このように!
電気に弱い自分にはなにがどうなったらこうなるのかさっぱり分かりません笑

 


細かなところまでストーリーがあってとても素敵です。
ジオラマ憧れます。

 


激シブのカフェ。カッコいいなあ~!

 


私のです~。ベースの木材にエッチングで作ったプレートを付けたんですよ。

 

巨大なエンジン。ターボ付き。本物の金属に見えますが、プラスチックなんです。
リアル過ぎて今にも動き出しそうです。

 


これは凄く美しく、カッコよかったです!キットそのままはエンジンだけという。

 


会場で見た人は度肝を抜かれたのではないでしょうか。なんと1989年の鈴鹿GP、グリッドの再現です。


そして、ただ大量のバイクを作ったということではなく、一台だけを見てもこの仕上がり!

 


超絶作品。展示方法も凄いですが…


後ろのバイク、これですからね…。旋盤やフライス盤などを使った自作の金属パーツでディテールアップされています。
作者の方とお話がたくさん出来てとても楽しい時間を過ごせました。

 


有名な方の94年の鈴鹿レースシーン再現作品です。各ライダーのライディング・フォームの特徴を見事に捉えています。
 


フロントタイヤが回っているような工夫がされています。ハイサイドしてしまうガードナー。

 


スポークが張り替えられ、とても美しいGT380B。

 
 
さて、審査が締め切られてから、恒例のトークショー。今年は始めにライディングスポーツ誌編集長の青木氏とハルク・プロ代表の本田氏。
続いて途中から中上選手!が参加して、レースの内側、才能などの話。とても興味深い内容でした。

しかしなんて爽やかでいい青年なのだ中上選手。。。

 
 
以上です。
写真ばかりのレポートですが、参考になりましたでしょうか?
関係者の皆様、お疲れ様でした。

 
そしてなんと私のCBが優勝をいただきました(*´∀`*)

副賞にKTCさんの大きな工具箱、ダンロップさんのシャツや青島さんのZ1完成品モデルをいただきました。
本当にありがとうございました。

 
その他結果詳細はオフィシャルサイトで!→ モデラーGP

 
↓2017年のモデラーGPレポートはこちら↓

最後までみていただきありがとうございました。


ブログランキング・にほんブログ村へ
  ↑ 1クリック!応援していただければ嬉しいです!
ガンプラ入門ストアOPEN!
You may also like...
 

4 Responses

  1. SERIES:S より:

    いやぁ~、ため息しかでませんね、皆々様の工夫が素晴らしい…..
    また、この様な環境に身を置いてらっしゃるKenjiさんも羨ましい…..
    いい物を見せていただきました。(笑)

  2. kenji@管理者 より:

    SERIES:Sさん ほんと毎年、感動するために行っているような感じです。
    駐車料金のみで入場は無料なので、是非一度参加されてはいかがでしょうか?

  3. まったく より:

    こんにちは、始めてコメントさせて頂きます。
    「AHM CB750F」とっても良い物を見せて頂きました♪
    作例も大変解り易く素晴らしいです。ただ凄過ぎてとても真似できません(笑)
    モデラーGPは超久々の参加でしたが相変わらずの
    超絶モデル達に圧倒されっぱなしでした。

  4. kenji@管理者 より:

    まったくさん はじめまして、こんにちは。
    参加された方ですね、モデラーGPオフィシャルサイトで確認してきました。
    あの美しいGT380を作られた方にそのように言っていただき凄く嬉しいです。
    隼もしっかりと見せていただきました。現場でお話したかったです。
    今度どこかでお会いする機会がありましたら、是非お話してください。
    私も数々の超絶作品に圧倒されました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください