パーツの下準備 タミヤ 1/24 ロータスヨーロッパスペシャル #02


  • 107
  •  
  •  
  •  
  •  
    107
    Shares

みなさんこんにちは(^-^*)/

 
ロータスヨーロッパスペシャルの続きをやっていきます。

パーツの下準備 ・メッキ落とし


メッキパーツのうち、いくつかは塗装するためにメッキを落とします。
ホイール、燃料タンク、キャブレターなどなどを、キッチンハイター(塩素系漂白剤)を水で薄めて、パーツを漬けます。

メッキバンパーはパーツを確認してみたところ、もしかしたらそのまま使えるかもと思ったので取り敢えず一旦落としません。

 
 

しばらく待つとメッキが落ちました。素直に落ちてくれた。

 
 

引き上げてホイールを確認してみると、ちょっとシャープさが足りないような気がしましたので、うすめ液に漬けてみます。

 
 

うすめ液をドボドボと。ちなみにこれ綿棒の入れ物です。

 
 

しばらく良く見ると、なにやらはがれてきました。
※うすめ液に漬けて目を離すと、パーツが溶けてしまうこともあるので、必ずよく観察しておくようにしましょう。

 
 

ちょっとスッキリしましたね。でも、蜘蛛(クモ)の脚のようなところが思ったよりもシャープではなかった。

 
 

各パーツをキレイに


いろんなところにパーティングラインがあります。
白いパーツは分かりにくいけど、よく見てヤスリなどでキレイにしていきます。

 
 

ドアの下のところ、ほっそ!切り抜くとしたら大変だろうなあ。。。

 
 

ステアリングホイールはとても良く出来ています。
握るところの内側と外周にパーティングラインがあります。内側は写真のようにヤスリで丁寧に落としていきます。
多少ヤスリのキズが残っても、ここには実物は革の縫い目がありますので、その縫い目っぽくなるので大丈夫です。

 
 

さて、大事なポイントのひとつ、顔です。(目です)
ライトのパーツを取り付けてみると、両ななめ上に三角の隙間が目立ちます。ココは少しイメージと違う。
あとでパテで埋めます。

 
 

パーツを仕上げつつ、足回りやフレームなどを仮組みしていきます。
この特徴的なY字のフレームはちゃんと本物っぽくて楽しいですね。

 
 

足回りはなんの問題もなくキチンと組合わさります。

 
 

タイヤ・ホイールもセットして、シャシーの基本が仮組み出来ました。

 
 

ボディをかぶせてみて、車高のバランスを見てみます。

前輪はまるまる見える感じ、リアはほんの少しだけボディにカスるぐらい。
今回自分のイメージしているのはもう少し車高を落としたものなので、この次はそのへんの工作をやります。

 
 
【この記事の使用キット】
タミヤ 1/24 スポーツカーシリーズ No.358 ロータス ヨーロッパスペシャル プラモデル 24358

というところで、記事を読んでいただいて面白いと思ったときだけでいいので、下のバナー2つ(ガンダムとアルピーヌ)をたまに押して応援してください ヘ(゚∀゚ヘ)
(各SNSをやっている方は是非応援よろしくお願いします。)

次回をお楽しみに!!


  • 107
  •  
  •  
  •  
  •  
    107
    Shares
ブログランキング・にほんブログ村へ
  ↑ 1クリック!応援していただければ嬉しいです!
ガンプラ入門ストアOPEN!
あなたにオススメの記事...

6件のフィードバック

  1. とし より:

    こんにちは。
    「サーキットの狼」世代なのでロータスヨーロッパは特別な車です。
    楽しみにしています。

  2. たけたけ より:

    ヨーロッパはS2までが好きなんですけど、ちゃんとしたキットないですから、結局タミヤのスペシャルになってしまいますね。

  3. TECHーnaka より:

    今回は顔面プチ整形ですね(笑)
    今回も期待しております。

  4. kenji@管理者 より:

    としさん ありがとうございます、サーキットの狼は私も読んでいました。

  5. kenji@管理者 より:

    たけたけさん そうなんですね、S2もタミヤから出たら良いんですけど…。

  6. kenji@管理者 より:

    TECHーnakaさん そうなんです、いつも顔面を整形しているような気がします(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください