S20 エンジン タミヤ1/24 日産 スカイラインGT-R #12

  • 297
  •  
  •  
  •  
  •  
    297
    Shares

 
みなさんこんにちは(^-^*)/
 
ハコスカGT-R(KPGC10)の続きです。

 

S20 ヘッドカバー

ヘッドカバー。
ヘッドカバーの塗装は結構大切。目立つし、エンジンルームの主役のひとつでもあります。

色は赤orグレーで悩みましたが、グレーにしました。


シルバーで塗装後、両端の文字部、線のところをマスキングして、つや消し黒を真ん中のプラグあたりに塗装。(ラッカー)

その後、プラグの丸いところのみをマスキング。
 
 
さらに上から水性アクリルのつや消しグレーで塗装。ヘッドカバーっぽい質感に注意する。


水性アクリル用の溶剤で、ロゴと線の部分のグレー色をはがす。
キットの二重線のモールドのダレ具合によりますが、二重線の部分はジュラルミンフィニッシュ等を貼ったほうがキレイに出来るかも。
 
 

マスキングをはがす。ウェザリングカラーでウェザリング。

 
 

文字(ロゴ)のところははみ出さないように注意。クッキリ塗り分けできるように。

シルバーの上から重ねているグレーの塗装の塗膜が厚いと、うまく行かないので、グレーの塗膜を薄くするよう注意します。
もし薄く塗装出来ないと思ったら、場合によっては、サッとグレーを塗装して、文字のところを溶剤ではがす、またグレーを塗装→ 文字部のみ溶剤ではがす というように、繰り返しすることも考えます。
この作例では一回でやりましたが。

 
 

ミクニソレックス キャブレター

ミクニソレックスのキャブレターを作る制作記事は…第3回でした。

↑こちらにキャブレター制作の詳細記事がありますが、その続きです。

 

このキットには金属のエアファンネルが付属しています。とても精密です。

 
 

エアファンネルを取り付けてみました。凄くカッコいいです!
キャブレター本体はクレオスの8番シルバーで塗装しました。

 
 

エキゾーストパイプ


特に手もいれず、塗装しただけです。焼き目だけ入れました。

 
 

エンジンブロック


根元が多少実車とは違いますが、このあたりからオイルレベルゲージが出ています。
(エキパイの向かって左から1番目と2番目の間から、オイルレベルゲージの差し込み口が顔を出します。)
これはカンタンに出来ますのでオススメ。(アルミパイプに虫ピンを差し込んで作ると、抜いて遊べるゲージが出来ます。)
 
 

ヘッドカバーとソレックスを取り付けました。キャブレターには燃料パイプを追加しました。

 
 

キャブレターの一部のボルトをゴールドに。

 
 

エンジン周りの部品を取り付けていきます。指差ししているのがオイルレベルゲージの差し込み口です。

 

ゲージを刺したところ。つまむところは虫ピンをくるっと丸める。

 
 
S20
エンジンブロックにヘッドカバー、キャブレター、エキパイを取り付けました。

 
 
S20
手乗りS20。

 
 

さらにパーツを取り付けていきます。

 
 

プラグコードを取り付けていきます。

 
 

本当は順番があるのですがもうそこまではいいや。ということで適当です。
取り敢えずデスビに差し込んで固定して、プラグ側で長さやらなんやらの調整をします。

 
 


コードをまとめるパーツ(指差ししているやつ)は、アルミ板を切り出して、ノコで溝を切って作りました。

 
 

プラグ(プラグキャップ)です。虫ピンに赤コードを差し込み、曲げてあります。
それに赤色の熱収縮チューブを被せてあります。

 
 

ちょっと熱を加えるとこうなる。

 
 

コードの長さを合わせてカットし、プラグキャップに差し込む。キャップはヘッドカバーの該当箇所に差し込む。

 
 

熱収縮チューブの赤がいい感じに色褪せていて雰囲気がある。

 
 

コードが、コード自身の張力で上にハネ上がってしまうと、重力を感じなくなるので、なるべくベターっとした感じに抑えるのがコツです。

 

【この記事の使用キット】
タミヤ 1/24 スポーツカーシリーズ No.335 ニッサン スカイライン 2000GT-R ストリートカスタム プラモデル 24335

というところで、記事を読んでいただいて面白いと思ったときだけでいいので、下のバナー2つ(ガンダムとアルピーヌ)をたまに押して応援してください ヘ(゚∀゚ヘ)
(ついでにいいね!も押してね。)

次回をお楽しみに!!


  • 297
  •  
  •  
  •  
  •  
    297
    Shares
ブログランキング・にほんブログ村へ
  ↑ 1クリック!応援していただければ嬉しいです!
ガンプラ入門ストアOPEN!
あなたにオススメの記事...

6件のフィードバック

  1. 成蔵 より:

    清潔感溢れる工作
    精密さ
    それらを サラッとされてるスタイルに いつも感動しています。
    質問です。
    収縮チューブの加熱に使用した器具は、なんてすか?

  2. pinoki より:

    もうね…
    芸術品の域です。
    成蔵さんも書かれてますが【清潔】なんですよね〜。
    ボクには絶対真似できない所です。
    ウエザリングでごまかしてますから(照

  3. kenji@管理者 より:

    成蔵さん ありがとうございます。渦巻ヒーターの小さいのは、ダイソーに売っているライターです。
    USBで充電して使えるので便利です。ダイソーですが200円の商品だったように思います。

  4. kenji@管理者 より:

    pinokiさん ありがとうございます。いやいや、私もウェザリングして誤魔化していますよ(^_^;)

  5. ゆっきー より:

    質問なんですが、熱収集チューブは何ミリですか?

  6. kenji@管理者 より:

    ゆっきーさん 測ってみましたが、外径が1.0か1.2mmぐらいかな…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください